スポンサーリンク

【ケムリクサ考察】第9話 Aパート 後半

アニメ
【出典】『ケムリクサ』第9話 ©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

アニメ『ケムリクサ』の考察をしていきます。

内容としては、裏設定とか、各要素のモチーフなどを考えることより、

物語をつぶさに観察して、世界やキャラの深みを掘り下げていくことに特化しています。

※筆者個人の考えに過ぎませんので、参考程度にお読み下さい。

※共感の他、間違いや別な意見などもあれば、

 遠慮なくコメントして(本ページ下部から)頂ければ幸いです。

※最終話までの視聴を前提に書いています。ネタバレ必至です。

 

作品の公開順に追っています。

ここでは、第9話Aパートの後半(山頂の壁到達から、りょう登場まで)について。

過去の記事こちら

【ケムリクサ考察】まとめページ
アニメ『ケムリクサ』の考察をしていきます。 物語をつぶさに観察して、世界やキャラの深みを掘り下げていくことに特化しています。 皆様の参考となれば幸いです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

第9話 Aパート 後半

※以降のセリフの引用(❝ ❞内)は、全て

『ケムリクサ』第9話(©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト) を出典としている。

九島の壁の成り立ち

【出典】『ケムリクサ』第9話 ©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

今回はほとんど、この内容になるだろう。

 

具体的には、

九島の壁は、元々あった壁をヌシが乗っ取ったのか、

それとも、ヌシがゼロから壁を新たに作ったのか、

ということだ。

 

それぞれを想定して考えてみる。

元々あった壁を乗っ取った場合

元々あった」とすると、壁を作ったのは船長ワカバしかあり得ない

しかし、ワカバが九島の山の頂上に壁を作る理由が見当たらない

 

これまでの壁は、エリア(各島)の境目に存在している、という法則があった。

この事から、元々エリアを区分けしていた透明な壁を、緊急時に青い壁に変換した

という考察を、第7話Bパート中盤で、既に説明している。

(唯一、七島の湖を囲む壁だけは、大木を守るために作られたものだろう。)

【ケムリクサ考察】第7話 Bパート 中盤
アニメ『ケムリクサ』の考察をしていきます。 物語をつぶさに観察して、世界やキャラの深みを掘り下げていくことに特化しています。 皆様の参考となれば幸いです。ネタバレ必至です。 ここでは、第7話Bパート中盤について。

【図解】各島の壁の成り立ち考察 (再掲)

ワカバは、りりを守るために、七島~一島に壁を形成した。

火事の際に、防火シャッターを下ろすような措置をとったと考えている。

八島以降には、壁の残骸すら見つかっていないことも、これで筋が通るはずだ。

 

そうすると、九島の山に壁を作る必要性は、全くと言っていいほど無い

わざわざそんなところに作るくらいなら、八島や十島の境目にも、壁を作っているはずだ。

 

壁に根を這わせたり、霧を混じらせたりと、見るからに「乗っ取ってる」感じはあるのだが、

「九島の山に、元々壁があった」とするなら、その理由が思い当たらない。

【出典】『ケムリクサ』第9話 ©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

 

 

ヌシが壁を作った場合

ヌシがゼロから壁を作った(模造した)」とすると、理由については問題なくなる

赤い木赤虫たちは、「ケムリクサを消す」という行動原理を持っているわけだが、

12話にて赤い木は、自らの身を守るために壁を形成してみせた

この行動は、赤い木成長(進化)した結果備わったものなのかもしれないが、

いずれにしろ、「赤い木に防衛本能がある」ということは確かである。

よって、九島に壁を作ったのも、赤い木に近づく者を妨げるため、という理由が考えられる

九島のヌシは、一旦退いたりんたちを追うこと無く、その場に留まっていたことから見ても、

「守り」に特化して生まれたヌシであることがわかる。

赤霧に汚染される前から、「壁を作ることに特化したヌシ」だった可能性もある。

【出典】『ケムリクサ』第9話 ©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

 

そんなわけで、ヌシが壁を作った、という線が妥当になるが、

一つ不可解な点はある。

 

それは、壁の色である。

 

九島の壁は、ほとんど青い色をしていた。(ベースが青?)

わかば「ここのも変わらずでっかいですね~。」

りん色が少し…。

りんが違和感を感じていたとおり、確かに壁の下側に、少しが混じっていたが、ほとんど青色だ。

【出典】『ケムリクサ』第9話 ©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

 

一方で、12話で赤い木が作った壁は、見事なまでに真っ赤であった。

青地に赤が混じっている、というレベルではない。

【出典】『ケムリクサ』第12話 ©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

赤い木が、能力を変質進化させたのだろうか。

赤霧に汚染されたヌシが作った壁と、

生粋の赤い木が作った壁では、性質が全く異なるのかもしれない。

 

ヌシが作った壁、と考えるのが妥当

腑に落ちない点はあるものの、理由を考えると、

九島の壁は、ヌシが新たに作ったものと考えるのが妥当だろう。

 

壁を作る力をどうやって取得したのかは、

先に述べたとおり、ヌシが元々持っていた能力であったか、

赤い木が接触した際に取り込んだか、

というところだろう。

【出典】『ケムリクサ』第11話 ©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

 

 

根を呼ぶ?

壁の上から、根が伸びてきているように見えるのだが、

これ、上の方はどうなっているのだろう

【出典】『ケムリクサ』第9話 ©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

壁を破壊した後も、周囲に根は見えないし、この辺は全くである。

 

また、一度呼び寄せた根は、そのまま残るようだ。

わかば「根がずっと光ってる。 霧は退いても、根はそのままか…。

この辺の性質も色々考察したいところだが、

なにせ一撃で倒してしまったので、考察材料が少なすぎるのである…。

 

りつは寝ながら見張る

りつ見張りは任せてにゃ。赤霧か赤虫が出たら、みどりちゃんで知らせるにゃ。」

任せて」と言いつつ、しっかり寝てるりつ

【出典】『ケムリクサ』第9話 ©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

みどりの根に覆いかぶさるように寝ているが、

周囲に異変があれば、根が察知して、すぐ目を覚ますのだろう。

警戒心の強い猫は、伏せの体勢のまま浅く眠るらしいが…。

このときのりつは、まさにそんな状態か?

 

次回、第9話 Bパート 前半!

9話はBパートが本番になるだろう。

 

次回! りょう登場!

 

ここからも引き続き、お付き合いいただけると、幸いである。

もしよければ、右のプロフィールや、記事下のフォローボタンを押してもらえると、タスカル

筆者のやる気が上がり、更新頻度が早くなります

【ケムリクサ考察】まとめページ
アニメ『ケムリクサ』の考察をしていきます。 物語をつぶさに観察して、世界やキャラの深みを掘り下げていくことに特化しています。 皆様の参考となれば幸いです。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント