スマブラSP DLC 第7弾以降を考察しつつ予想

スマブラ
【出典】スマブラ公式ツイート(https://twitter.com/SmashBrosJP/status/1275079041003827202)

2020.6.22に公開された公式動画(【スマブラSP】ミェンミェンのつかいかた)にて、

「スマブラSP」のDLC追加ファイター第6弾、

ミェンミェン』(ARMS)が発表されました。(2020.6.30から参戦)

毎度、予想もつかないところから参戦させてきます。

【出典】スマブラ公式ツイート(https://twitter.com/SmashBrosJP/status/1275076909274066947)

筆者は、『ARMS』でミェンミェンをメインで使っていたので、

動画見ながら歓声上げるくらいには、喜んでました。

 

ごく最近の任天堂作品であり、まだビッグタイトルとは言い切れないものの、

事前に「ARMSから参戦」と告知もあったこともあってか、

ミェンミェンの参戦は概ね好印象だったように見受けられました。

 

これで、ファイターパスvol.2の新規追加ファイター6体の内の

最初の1人が判明したことになります。

【出典】スマブラ公式ツイート(https://twitter.com/SmashBrosJP/status/1275079041003827202)

なんとまだ、5体ものファイターが参戦します。

凄いことだ。

 

ここで改めて!

第7弾以降の追加ファイターとなるキャラを、

考察に基づいて予想します。

ここに書いてあることは、全て私個人の予想に過ぎません。

 一意見として、気楽にご覧頂ければと思います。

 

予想のポイント

ファイターパスの一人目」というのは、その後のファイターの予想材料として、

非常に重要であると考えます。

 

思い返せば、最初のファイターパス第1弾のファイターは、「ジョーカー」でした。

『ペルソナ5』という他社(アトラス)作品からの参戦ということで、

多くの人が衝撃を受けたことでしょう。

そして、フタを開けていくと、ファイターパス5人中、4人が他社枠という、

驚きの答えとなったわけです。

【出典】https://twitter.com/SmashBrosJP/status/1217820817653817344

そして、[ファイターパス2]の1人目は、任天堂からの参戦でした。

このことから、

残る4~5枠も、任天堂からの参戦となるのではないか

と予想しました。

 

 

スピリッツからの参戦はあり

ミェンミェンの参戦でわかった事実

それは、

「スピリッツとして登場済みのキャラクターでも、参戦はあり得る。」

ということです。

 

さらに区切るならば、

「スマブラSP発売当初から実装されていたスピリッツ」

とも言えるでしょう。

 

これは、

「スマブラSP発売後のあらゆる新作ゲームのスピリッツ参戦が続いた中、

ファイアーエムブレム風花雪月』のスピリッツ参戦は不自然に無かった

という事実と合わせての考察です。

 

具体的に言うと、

発売後にスピリッツ参戦した、

『アストラルチェイン』、『デモンエクス・マキナ』、『リングフィットアドベンチャー』、

『あつ森』、『くにおくん』、『聖剣伝説3』…

などは、予想から外れてくるかな、というところです。

【出典】『大乱闘スマッシュブラザーズSpecial』

 

 

アシストフィギュアからの参戦は無し?

ミェンミェン参戦でわかったことが、もう一つ。

結果的に、スプリングマンの参戦が無かったことで、

「アシストフィギュアで登場済みのキャラは、ファイターとして参戦しない」

ということです。

 

しかしこれはあくまでも、「結果的に」です。

桜井さんは動画内で、

スプリングマン、ニンジャラ、ミェンミェンの3人を、

参戦ファイター候補として考えていたことを言及しています。

「アシストフィギュアで登場しているスプリングマンも、ファイターとして登場する可能性は、

十分にあった」

ということです。

もしスプリングマンが参戦していたら、

アシストフィギュアは、ニンジャラかミェンミェンに差し替えられたりしたんでしょうか…?

 

というわけで、

「アシストフィギュアからの参戦は、無くはないだろうが、期待はかなり薄い」

と、私は考えています。

 

具体的に言うと、

ワルイージ」とか、「シャドウ」とか、「ボンバーマン」とかは、

アシストフィギュアとして参戦しているので、

追加ファイターとして期待は薄いですね。

【出典】「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL [E3 2018]」https://youtu.be/VjAsmfiIK3E

 

 

やはり「主人公格」

ここまで追加された6体のファイター全てに、共通していることがあります。

それは全員、「作品(シリーズ)の主人公である」ということ。

 

ミェンミェンも、主人公です。

「ARMSのファイターキャラは、全員主人公」と、

発売当初から公式で言っていました。

 

少なくとも、主人公並みの「格」は必要なのだと、

これまでの参戦ファイターの傾向からわかります。

 

バンダナワドルディ」、「ジーノ」などのキャラは、

これにより予想候補から外れます

 

 

よい子の[CERO A]

今一度、『スマブラSP』というゲームについて、よく考えてみました。

このゲームは、全年齢対象の、「よい子のCERO A」なんです。

 

これに関しては、

発売当初に『ゼノブレイド2』のキャラクター「ヒカリ」が、コスチューム変更してスピリッツに登場したり、

テリー参戦ムービーにて、「不知火舞は不参加」と言及されたりと、

色々ありました。

【出典】「【スマブラSP】テリーの使い方」https://youtu.be/Qlst1JEu8MM

 

そんなCERO Aのゲームに、

リアルで屈強で、刀で相手を斬りつけるセンシティブなキャラクターは、

果たして出られるのだろうか…。

 

そう…。

私がずっと参戦予想に挙げている、「リュウ・ハヤブサ」の事です。

【出典】『DEAD OR ALIVE 6 公式サイト』https://www.gamecity.ne.jp/doa6/chara_hayabusa.html

海外でも人気が高く、多くの方が参戦予想として挙げていますが…

CERO Aのゲームに彼を出すのは、些か厳しいのではないかと思い至りました。

 

とはいえこれも、

アサシンクリード』というCERO Zのゲームから、

「アルタイル」のコスチュームが登場しているという事実があります。

人気キャラなら、どうにかこうにか参戦させてくるかもしれません。

【出典】「【スマブラSP】ベレト / ベレスのつかいかた」
https://youtu.be/xAssd5p6LZM

 

FEキャラや、クラウドも、ガンガン剣で斬りつけてくるわけですが、

アニメ寄りの見た目ということで、CERO Aを突破できているのでしょう。

スネークの銃火器は、なんか花火みたいなもんだし…。

ならばリュウ・ハヤブサも、

いい感じにデフォルメされて参戦することも、なくはないかもしれない。

いっそ、元祖『忍者龍剣伝』の姿で参戦するとか。

 

ともかく、今回の私の予想としては、

一旦彼は外しておこうかと思います。

 

同じ理由で、『DOOM』などからの参戦も厳しい気がします。

 

 

任天堂開発のゲームなら、最新の作品からもありえる

ベレト/ベレスの参戦後にも語りましたが、

「スマブラSP発売後の任天堂最新作からの参戦

というのが衝撃的でした。

 

桜井さんの話では、開発中のROMを実際にプレイして、

ファイターとしての適合不適合を決定していたそうです。

これは、他社キャラクターや、他社開発のゲームでは、とても出来ないことです。

過去に「参戦には間に合わなかった」と言及されていた『ゼノブレイド2(レックス)』は、

開発がモノリスソフトのため、同じ手法は取れなかったのでしょう。

【出典】https://www.youtube.com/watch?v=JBqz5vGmMAQ

ということで、

任天堂開発作品に限り、最新の作品からの参戦もありえる

と考えています。

 

例えば、最後となる第11弾のファイターを、

「任天堂から発売予定の最新作のキャラクター」

と決めておいて、

実際に中身を作り込むのは、後からできるわけですから。

自社内のキャラだと、それだけ融通が利くでしょう。

 

 

DLC 新ファイター予想ポイント

今回の予想ポイントをまとめると、以下の通りです。

前回の予想ポイントと合わせて、比較してみましょう。

 

・まだ参加していない他社、既に参加済みの他社問わず、参戦可能性あり

・ファイターパス2(DLC2)は、任天堂参戦ファイターが多いのではないか

・現時点の『スマブラSP』内に影も形もない作品が有力

発売当初にスピリッツ参戦しているキャラクターは、ありえる

アシストフィギュアからの参戦は、ほぼ無い

任天堂最新作からの参戦可能性あり

 

以上を踏まえた上で、新ファイターとなるキャラ予想を挙げていきます。

6人以上挙げてしまうけど、「候補予想」ということで、気にするな。

任天堂からの参戦予想キャラ (5人)

任天堂の人気作や有名作品から、5人、予想を挙げます。

レックス (ゼノブレイド2)

【出典】『ゼノブレイド2』©Nintendo/MONOLITHSOFT

桜井さんも絶賛の『ゼノブレイド2』より、主人公の「レックス」です。

もちろん、パートナーとして「ホムラ」、「ヒカリ」同時参戦となるでしょう。

 

桜井さんの「開発が間に合わなかった」という発言に対し、

「新たにファイターを追加」という事象が、噛み合ってしまったことにより、

参戦を期待する声が一層強くなっています。

 

私自身、参戦は望むところですが、

既にMiiコスチュームスピリッツBGMも、多数揃えてもらっているのが、

「逆にもうこれ以上は無いのではないか」という不安材料にもなっています。

 

同じくモノリスソフト開発なら、

看板キャラクターである「KOS-MOS(コスモス)」も、十分あり得るでしょう。

 
 
あんまり関係ないけど、最新作『ゼノブレイドDE』発売中です。
『DE』も『2』も、とてもおもしろいゲームです。

 

タコボーイ&タコガール (スプラトゥーン2)

【出典】『大乱闘スマッシュブラザーズSpecial』

いまや任天堂の看板作品スプラトゥーン』シリーズから、

最新作『2』の第二の主人公タコガール&タコボーイ(ハチ)」です。

 

発売当初のスピリッツとして既に参戦済みで、

前回の予想では、「次点」として挙げていましたが、繰り上げです。

操作キャラクターなので、主人公扱い、ということで。

 

イカちゃんこと「インクリング」は、主に1のブキを使用して戦いますが、

タコちゃんが、2のブキを引っさげて参戦すれば、多くの人が喜ぶんじゃないかと思います。

チャージャー、マニューバー、シェルター、スピナー、ジェットパックなど、

いくらでも差別化はできるはずです。

 

人気作品から参戦、というのは、新ファイターの定石

 

 

第8世代ポケモン

これまた任天堂の看板作品『ポケットモンスター』の最新作、『ソード・シールド』から。

ポケモンのどれか

…という、ざっくりとした予想です。

 

普通に考えれば、主人公格のある御三家の最終進化から出てくると思います。

エースバーンインテレオンゴリランダー

ちなみに、サルノリ&ヒバニー&メッソンは、後からスピリッツに追加されたので、

こいつらは無いでしょう。

【出典】『大乱闘スマッシュブラザーズSpecial』

 

第3世代と第5世代からのファイター参戦は、スルーされていますが、

第6世代からゲッコウガ第7世代からガオガエン、と続いています。

 

インパクトの強い「ネギガナイト」とかでもいいんじゃないですかね。

【出典】『ポケットモンスター ソード・シールド』公式サイト

いや、主人公格じゃないわ。

 

 

ペーパーマリオ (ペーパーマリオシリーズ)

【出典】『大乱闘スマッシュブラザーズSpecial』

ペーパーマリオ

新作の発表があるまで、存在を忘れてました。

こいつも、発売当初のスピリッツとして既に参戦済みです。

 

ミスタービデオゲームこと「マリオ」なら、

亜種がもうひとり参戦するくらい、許されてしまうのではないか

リンクなんて、3人もいますよ。

 

ハンマーコウラでの攻撃や、仲間を呼び出しての攻撃など、

「ペーパーマリオ」特有のアクションはたくさんあるので、

おもしろいファイターになりそうである。

 

2000年の『マリオストーリー』から登場しているので、

今や20年の歴史あるキャラクターです。

 

 

ブレスオブザワイルド続編から

【出典】https://www.youtube.com/watch?v=fmzt-e9SjBw

いわゆる「宣伝枠」として、また任天堂最新作からの参戦があるとすれば、

世界のユーザーが最も注目していると言っても過言ではない『ブレスオブザワイルド続編

から来るのではないでしょうか。

 

とはいえ今のところ、どんなキャラクターが登場するかも詳しくわかっていないので、

これも「誰か」としか予想ができません。

そもそも宣伝しなくても売れすぎるくらいに売れそう。

 

そろそろ、空中に浮いて、魔法を使ってくる、

原作通りの大魔王ガノンドロフ」が参戦してほしい。

腕力任せで、復帰できない脳筋おじさんじゃなくて。

 

 

他社からの参戦キャラ予想 (4人)

任天堂以外から、こちらも4人、予想を挙げます。

予想した他社は、

カプコン」、「セガ」、「プラチナゲームズ」、「スパイク・チュンソフト

の4社です。

 

ダンテ (デビルメイクライ / カプコン)

カプコンの人気シリーズ『デビルメイクライ』より、主人公のデビルハンター「ダンテ」。

 

カプコンは、魅力的なキャラクター・シリーズ作品が、実に多い。

既に、リュウ・ケン(ストリートファイター)と、ロックマンが参戦していますが、

他にも、ハンター・アイルー(モンスターハンター)、アーサー(魔界村)、成歩堂龍一(逆転裁判)、

アマテラス(大神)など、スマブラに参戦しそうな有名作品は、多数あります。

バイオハザード』のスピリットも追加されました。

 

そんな中、あえてもう一人参戦させるとしたら、

スタイリッシュに戦うダンテが適任かと。

2001年からシリーズが続く、今や世界的に有名なゲームキャラクターです。

 

ダンテも、CERO的に怪しい気もしますが、

「デビルハンター」というファンタジー全開の肩書きが、

リュウ・ハヤブサよりはあり得る、と見込みました。

デフォルメしやすそうですしね。

 

 

アルル・ナジャ (ぷよぷよ・魔導物語 / セガ)

こちらは、30年近く愛され続ける、落ちものパズルゲームの代表作『ぷよぷよ』シリーズから、

看板キャラクターのアルル・ナジャです。

【出典】https://puyopuyoquest.sega-net.com/news/180918_56265.html

元は、コンパイルの作品だが、現在のキャラクター版権はセガにあるらしい。

セガからは、既にソニックが参戦しているが、

もう一人参戦させるとしたら、スマブラ向きのアルルではないだろうか。

 

海外での知名度はまだまだ高くはないようですが、

30年近く続くシリーズ作品、でありながら、スピリッツ参戦にも音沙汰がないのは、

少し不自然な気がします。

 

コラボしてる『テトリス』は、スピリッツ参戦してますからね。

【出典】『大乱闘スマッシュブラザーズSpecial』

このタイミングで、ぷよぷよもスピリッツ参戦してもおかしくないはず…。

『テトリス99』の発売元が任天堂 ってのは、確かにありますけど。

 

「パズルゲームの代表」として、参戦の資格は十分にあるのではないでしょうか。

同じセガなら、海外人気が高い「クラッシュ・バンディクー」の参戦があり得るかもしれないが、

魔法使いのアルルの方が、ユニークなアクションが期待できそう、ということで推す。

 

ちなみに任天堂のパズルゲーム作品には『パネルでポン』があり、

アイテムやスピリットとして参加しています。

 

 

2B (ニーアオートマタ / プラチナゲームズ)

【出典】『NieR:Automata』公式サイト

ニーアオートマタ』のメインキャラクター、戦闘アンドロイド少女の「2B(トゥービー)」。

剣やら銃火器やら、遠近関わらず、多彩なアクションができるので、

ファイターとして参戦してくれたら、かなり派手になりそうです。

 

彼女もCERO的に怪しい気はしますが、

デフォルメしやすいキャラクターでもあるので、今回候補に押し上げました。

 

『NieR』シリーズは、2010年の『ニーア ゲシュタルト/レプリカント』から、今年で10周年となる、

プラチナゲームズの人気作品

 

プラチナゲームズからは、既に「ベヨネッタ」が参戦していますが、

もう一人くらいいけそうな気がします。

 

 

余談ですが、私は「2B」の参戦は、

ファイターパス1の段階では、ほとんど考えていませんでした。

2018年12月とある生放送にて、『ニーアオートマタ』のプロデューサーが、

「2B」をスマブラに参戦させたい旨を、語っていたからです。

当時は、参戦候補から除外する情報でしたが、今となっては、

版権元の希望は取れている」と、プラスに働く情報になりえます。

 

 

シレン (風来のシレン / スパイク・チュンソフト)

20年以上愛され続ける、ローグライクゲームの金字塔『風来のシレン』シリーズから、

主人公の「シレン」です。

【出典】任天堂公式サイト ©Spike Chunsoft Co., Ltd. All Rights Reserved.

不思議のダンジョン』と言えば、この人。 あとトルネコ

風来人として、刀を携えてはいますが、

それよりも、ツボや巻物などのダンジョンアイテムを使ったアクションが面白そうです。

モンスター变化、なんかもありますね。

 

最近はシリーズ人気が下火になりつつありましたが、

不思議のダンジョン 風来のシレン5plus フォーチュンタワーと運命のダイス』が、

2020年発売予定です。

これもまあ、過去に出た作品を、Switchに持ってきただけみたいですけど。

 

 

予想除外キャラ

ハンター(モンスターハンター / カプコン)

カプコンキャラクターの中では、結構地味な方である。

前作「for」のコスチュームが、そのうち流用されてくるのでは。

 

ロイド(テイルズオブシンフォニア / バンダイナムコ)

『テイルズ』シリーズから来るとしてら、多分この人だろうが…。

同じく、「for」のコスチュームが、そのうち流用されてくる予感。

 

成歩堂龍一(逆転裁判 / カプコン)

ファイターとしては実現しにくいが、コスチュームなら適役。

 

スティーブ(マインクラフト / Microsoft)

マイクロソフトからバンカズが参戦しましたが、コスチュームならまだいけるかも。

 

トラヴィス・タッチダウン (ノーモアヒーローズ / マーベラス)

【出典】『Travis Strikes Again: No More Heroes』 公式サイト
https://tsanmh.com/jp/overview/

NO MORE HEROES』の主人公の殺し屋。

2020年にSwitch新作『ノーモアヒーローズ3』の発売を予定しているので、あり得るかも…?

「殺し屋」という肩書きと、チンピラ風の兄ちゃんが刀を振り回すってのは、

CERO的にアウトだと思い、除外しました。

 

トレーサー (オーバーウォッチ / ブリザード・エンターテイメント)

2019年10月頃に、「スマブラSPに参戦させるなら、どのキャラクターを使ってくれてもいい」とコメントをしています。つまり「この時点でオファーは無かった」ということになります。

【参考】https://jp.ign.com/overwatch/38941/news/sp

 

アグモン (デジモンシリーズ / バンダイナムコ)

【出典】Nintendo Switch『デジモンストーリー サイバースルゥース ハッカーズメモリー』
©本郷あきよし・東映アニメーション
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

『デジタルモンスター』は、元々は、携帯型育成ゲームなのですが…。

今となっては、アニメ方面の繋がりが強すぎるので、

版権問題的に、参戦は難しい気がします。

『キングダムハーツ』の「ソラ」も、同じ理由ですね。

 

ポケモンとデジモンが共演できるとか、個人的にはアツいんですが。

 

 

ポーキー (MOTHER)

ヒーローVSヴィラン」推しで参戦した、リドリーキングクルールに加えて、

ネスの宿敵ポーキーの参戦も予想していましたが…、

マイナーなキャラクターなので、DLCとして参戦するには、役者不足感が否めません。

主人公格ではない、ってことです。

【出典】スマブラ拳!! https://www.smashbros.com/wii/jp/gamemode/modea/modea15.html

一応、前々作の『X』では、ボスキャラとして登場していた実績もあるので、有力ではありますが。

せめて、MOTHERシリーズをSwitchに移植して欲しいものです。

シリーズ30周年企画として、最近活発に動きを見せています。

 

まとめ

まとめると、今回の予想は、以下のキャラ。(赤字が任天堂、青字が他社)

上から有力順、ってことで。

レックス (ゼノブレイド2)

タコガール&ボーイ (スプラトゥーン2)

ペーパーマリオ (ペーパーマリオシリーズ) 

第8世代ポケモン (ポケットモンスター ソード・シールド)

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド続編から誰か

 

ダンテ (デビルメイクライ / カプコン)

アルル (ぷよぷよ / セガ)

2B (ニーアオートマタ / プラチナゲームズ)

シレン (風来のシレン / スパイク・チュンソフト)

 

今回は、任天堂キャラを強めに推しました。

果たして、第7弾は、誰になるのか…!

 

第7弾のファイターによっては、

また予測の法則をガラッと変えざるを得なくなるかもしれない。

というかもう、そんな気がする。

 

色々と予想して、ワクワクと待ちつつ、みんなスマブラやりましょう。

 
皆さん自由な予想を、是非コメントしていってください!
(ページ下部からどうぞ~)
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. 吾亦紅 より:

    個人的な希望だと大神のアマテラス
    主人公格で三つの神器の切り替えや筆しらべがスマブラ向き、海外人気もあり音楽的な意味でも評価が高い
    完全四つ足キャラはフシギソウがいるし無理ではないのかなと

    あとはペーパーマリオですかね
    新作出るし任天堂ゲーだから発売前から新作要素を加味して検討できる
    大人リンク、子供リンク、トゥーンリンクの同キャラ三人の前例もあるしペーパーアクションで差別化も容易
    何より「マリオ」は単純に人気がある
    どっちか来ないかなぁ…

    • ugug より:

      『大神』アマテラスいいですよね。
      犬的なファイターがいないので、特徴的にもなります。
      カプコンは、ほんと魅力的なキャラが多すぎる。

      パックンフラワーが来て、なんか納得してしまったように、
      ペーパーマリオが来ても、なんか納得できちゃいます。
      なんせマリオですからね。
      ペラッペラなファイターは、ゲムオがいますし、当たり判定とかも、うまいことやってくれるでしょう。

  2. 匿名 より:

    記事投稿お疲れ様です。
    ミェンミェン参戦から情報を細かく考察されていて、とても為になりました。

    読んでいて個人的に思ったのですが、ゼノブレイドからメリアもある意味今回の参戦ポイントに合致しているように感じます。

    記事内で紹介された通り先日1作目のリメイク「ゼノブレイドDE」が発売され、その追加ストーリー「つながる未来」でメリアは準主役級の扱いを受けていました。
    スピリッツも発売初期から存在すると同時に「つながる未来」で用意された新衣装の立ち絵も存在するため、ファイタースピリッツとの差別化も可能だと考えられます。

    原作でのエンチャントをかけ能力アップ&技属性変化という戦闘スタイルも、スマブラに参戦した場合独自性があって面白そうだと思いました。

    レックス同様に収録BGMなど問題もありますが、筆者様はメリアについてどのように思わされたか教えて頂けると嬉しいです。

    • ugug より:

      ありがとうございます。
      メリア、好きです。
      なぜシュルクの超必殺技にお呼ばれしていないのか、それだけが不満です。(ラインとカルナもだけど)
      バフを使い分け、それ自体も攻撃に繋がる戦闘スタイルは、おもしろいですよね。
      確かに主役級に迫る格はありますが、メリアが参戦するとしても、先にガチの主役のレックスが参戦するはずでしょう。
      そして、もしレックスが参戦するとしたら、今回のDLC2でゼノブレイド枠を二つも取るのは考えにくいので、
      メリアの参戦は、かなり難しいと思っています。

      彼女の能力は、アシストフィギュア向きとも言えますが、既にそのポジションには、リキがいますね…。
      君、超必殺技にも出てくるよね…。