スポンサーリンク

からくりサーカスがついにアニメ化したし、『双亡亭壊すべし』をオススメしよう

漫画

からくりサーカス』、20年の時を経てアニメ化されました。

作者の”藤田和日郎“氏は、2018年現在も、現役で連載を続けております

2016年から連載している『双亡亭壊すべし』について、

まだ読んだこともない人にオススメしたいと思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どんな漫画?

第一話は、公式で試し読みできます。冒頭はちょいホラー要素あり。

WEBサンデー|双亡亭壊すべし
『双亡亭壊すべし』週刊少年サンデーにて大人気連載中!!

 

『双亡亭』ってなに?

「よくわからんが、変わったタイトルだなあ…。」

と思うだろう。

実際、私もそう思った。

だがはっきりわかる。双亡亭“を壊そうとする漫画なんだな!」

 

双亡亭とは、簡単に言うと”お化け屋敷“です。

これは冒頭ですぐにわかります。

【出典】双亡亭壊すべし(第6巻)/藤田和日郎

双亡亭の外観。かなり広い。

 

もちろんただの”お化け屋敷”ではなく、

近隣住民から、遠い地の霊能力者から、

果ては歴代総理大臣半世紀前の行方不明者などなど、

皆口々に『壊すべし』と言わしめる、”ヤバいお化け屋敷です。

 

一体何がそんなにヤバいのか。

その原因や真相は、物語を進めるうちに明らかになっていきます。

そこはお楽しみに。

 

個性的すぎる登場人物たち

『壊すべし』と意気込む人たちは、ほとんど面識があるわけではなく、

各々使命感を持って、現地にたどり着くわけです。

 

「やらなくては!」と思って来てみたら、

「え?お前も?」

「いや俺こそがやるのだ。」

「いやいや私が」

と、続々と似たような使命の人が自分の前に現れるわけです。

どんだけやべー屋敷なんだ。

 

しかも集まる人みんな個性が強すぎるというか、我が強すぎるというか、

奇人変人のオンパレード

 

日本一の霊力を持ち小刀で戦う巫女さん、      

手がドリルになるカタコト青髪身元不明の子供

【出典】双亡亭壊すべし(第1巻)/藤田和日郎

 

理論派と思いきや電撃アーム暴れるブチギレ博士

【出典】双亡亭壊すべし(第6巻)/藤田和日郎

 

華奢だが巨大な物質を転送できちゃう北欧系美少女

【出典】双亡亭壊すべし(第3巻)/藤田和日郎

 

屈強な旦那が押す車椅子に座りながら、抱える人形の口から火炎を発射するおばあちゃん

【出典】双亡亭壊すべし(第6巻)/藤田和日郎

 

殺意に目覚めた小学生

【出典】双亡亭壊すべし(第1巻)/藤田和日郎

 

…などなど、まあ濃いこと濃いこと世界各国老若男女、幅広い人材です。

ほぼ全員が、全く違う系統のぶっとんだ能力を持っているわけですが、

この際その発祥とか起源とかは、深く語りもせず、

とにかく集まってます

 

細けえこたぁいいから、壊すべし

この潔さ、なかなかいいです。

 

なお『双亡亭』に入った後も、

全身包帯だらけの昭和初期の軍人やら、

で空間を感じ取る人見知り黒子やら、

さらに濃いのが増えます。

 

【出典】双亡亭壊すべし(第7巻)/藤田和日郎

 

なのに主人公は、売れない絵描き?

これだけ濃い衆が揃っていながら、主人公は何者なのかというと…

 

屋敷の隣に住んでただけの、なんの力もない絵描き です。

しかもボロアパートの家賃を滞納する売れない絵描き

腕っぷしが強いわけでもない。

【出典】双亡亭壊すべし(第1巻)/藤田和日郎

 

なぜこの絵描きが、双亡亭を壊す異能力バトルに巻き込まれてしまうのか!

 

実はこの物語、非常に重要なキーワードとなります。

双亡亭を建てた人物が、画家であることがわかっているのです。

【出典】双亡亭壊すべし(第2巻)/藤田和日郎

 

双亡亭内でも、「」が登場します。

なんの絵なのか、どんな絵なのか、ただの絵なのか?

【出典】双亡亭壊すべし(第2巻)/藤田和日郎

 

ともかく驚異となる「に対し、

他の異能力者たちには成し得なかったことを、この冴えない絵描きやってくれるのです。

 

やはり、藤田和日郎氏の描く主人公。

ただの絵描きで終わるはずはなく、物語の中心となって活躍していきます。

最初は頼りないけど、段々とその存在は大きなものになっていきます。

【出典】双亡亭壊すべし(第10巻)/藤田和日郎

一般人だからこそ響く言葉がある。

 

安定の”藤田和日郎ワールド”が楽しめる

いつもどおり、”生き様”を見せつけてくれる

この記事を読んでくれている方は、

からくりサーカス』にしろ、『うしおととら』にしろ、

藤田和日郎氏の作品を「おもしろい」と感じた者が多数なのだと思います。

 

どんなところが面白かったのでしょう。

私は、登場人物たちの屈強な意志力強い言葉迷いのない行動

そういうカッコいい生き様を見せてくれるところに、惹かれましたね。

【出典】からくりサーカス(第1巻)/藤田和日郎

 

双亡亭壊すべし』においても、やはりそこは見どころです。

『双亡亭』の中はもう絶望の塊

絶望!絶望!絶望!

また絶望

それでも倒れず、進み続ける!

こんな怖い目にあって、まだやるのか

そこまでやれるのは、どうしてなんだ!

 

そんな濃いテンションが、ずっと続きます。

絶望に屈しない生き様を、思う存分見せられて下さい。

【出典】双亡亭壊すべし(第6巻)/藤田和日郎

 

謎が広がりまくるが、焦点はブレない

壮大な世界観伏線の数々も、氏の作品の魅力だと思います。

広げまくった風呂敷を、なんとか畳みきる!

 

謎だらけの『双亡亭』でも、物語が進むほどに、さらに謎が謎を呼びまくるわけです。

なにせ、舞台だけでなく、登場人物も謎だらけですから。

 

疑問驚愕が連続し、やがて全てが収束していく。

この「風呂敷を畳む爽快感」というのか、それは今作でも健在です。

特徴的なのは、双亡亭壊すべし』の一点に収束するのを重視しているところでしょうか。

 

先ほど登場人物の件でも語りましたが、

異能力が身についた”過去“とか”理由“」とかにはあまりこだわらず

どうして双亡亭を壊したいのか、壊さなければいけないのか」に深く触れているように思います。

そのためか、読んでいても焦点があまりブレず一つの目的に集中できます。

【出典】双亡亭壊すべし(第6巻)/藤田和日郎

 

気になったらとにかく読むべし

謎だらけの漫画で、最初は戸惑うかもしれませんが、

恐怖に負けることなく立ち向かう」という少年漫画らしい主軸は、はっきりしていると思います。

【出典】双亡亭壊すべし(第3巻)/藤田和日郎

 

気になった方は、まずは3巻あたりまで読めば、どんどんおもしろくなってくると思います。

ぜひご一読下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント