漫画『しめじシミュレーション』 終末旅行と一味違った「非日常感」【オススメ紹介】

アニメ・漫画
【出典】『しめじシミュレーション』第1巻 ©つくみず/KADOKAWA

少女終末旅行』の、つくみず氏による、次の作品。

その第1巻が、2020年2月に発売しました。

終末世界から一転、学園もの

普通の“のんびりほのぼの日常系”の路線でいくのかな~

…と思いながら読んでみたら、

やっぱ普通じゃなかった。

 

『少女終末旅行』とはまた一味違った、つくみず氏のSFの世界が広がっている。

第1巻を読んだ感想を、オススメ紹介レビューとして書き連ねていく。

 

じわじわくる「非日常感」が魅力

漫画的「異質」表現

まずは何気ないゆるい会話が、4コマ形式で始まる。

第一印象は、よくある日常系のようにも見えるが、

突如背景に、存在感バリバリの謎のオブジェが映り込んだりする

【出典】『しめじシミュレーション』第1巻 ©つくみず/KADOKAWA

コマの枠組みを無視して、ページの端まで使って絵画的に描かれていることで、

異質さ」が強調されている。

見てわかる通り、そのシーンだけ文字通りはみ出ているのだ。

【出典】『しめじシミュレーション』第1巻 ©つくみず/KADOKAWA

作者が意図的にそうしているのか、無意識的にそうしているのかはわからないが、

非日常的な場面に遭遇したときは、

「枠」を無視したり、1ページ一杯の大ゴマが使われている。

 

 

ベースが日常系だからこその味

読み手は、視覚的あるいは概念的な「異質さ」を受けて、

非日常体験」による高揚を、じわりじわりと感じる

 

ファンタジー全開の冒険漫画であれば、舞台そのものが現実とは「異質」なので、

「非日常感」は開始同時にガツンと受けるはずである。 これはこれで良い。

だがこの作品は、ベースが日常系で、その日常を脅かさない程度に「非日常」がある

だからこそ、その体験はまるで白昼夢のように特異に感じる

冒険ものの「ワクワクドキドキ」とはまた違った、なんとも言えない感覚を得られる

このじわじわ~っと来る「非日常感」が、

この作品の大きな魅力だ。

【出典】『しめじシミュレーション』第1巻 ©つくみず/KADOKAWA

 

有名な話だが、『ドラえもん』の藤子・F・不二雄氏の掲げる「SF」は、

一般的な「サイエンス・フィクション」ではなく、「すこし(S)ふしぎ(F)」であった。

これは、『ありふれた日常の中に紛れ込む非日常的な事象』をテーマとしていたのだが、

本作品の「SF」も、むしろこれに近いものを感じる。

(ちなみに私は藤子・F・不二雄作品の大ファンである。)

 

 

前作が好きなら、読んでみて欲しい

非日常的風景が、やはり格別におもしろい

まあ、まだ1巻を読んだだけの感想なので、今後どうなっていくのかわからないわけだが…。

少なくとも、前作『少女終末旅行』が好きなら、読む価値は十分にあると思う。

 

1巻の最終話では、4コマの形式がほぼ取っ払われて、

ここまでで最大の非日常体験に陥る。

つくみず氏の本領発揮ということなのか、

この最終話が特にぶっ飛んでいて、おもしろい

【出典】『しめじシミュレーション』第1巻 ©つくみず/KADOKAWA

1巻の終わり方から、今後何かしらの非日常に巻き込まれていく予感もするが…、

多分、日常をベースに進んでいくんではないかと思う。

なんにせよ、続きが猛烈に気になるところで1巻は終わっている。

 

チトとユーリも登場…?

なお、前作主人公の「チト」と「ユーリ」が、友情出演的に登場している。

【出典】『しめじシミュレーション』第1巻 ©つくみず/KADOKAWA

おなじみのノリで、ブラックジョークをかましたりしてくれる。

楽しそうで何より(笑)。

 

続きを読んだら、また感想を書こうと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント