【ケムリクサ考察】第4話 Aパート前半

アニメ
【出典】『ケムリクサ』第4話 ©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

アニメ『ケムリクサ』の考察をしていきます。

内容としては、裏設定とか、各要素のモチーフなどを考えることより、

物語をつぶさに観察して、世界やキャラの深みを掘り下げていくことに特化しています。

※筆者個人の考えに過ぎませんので、参考程度にお読み下さい。

※共感の他、間違いや別な意見などもあれば、

 遠慮なくコメントして(本ページ下部から)頂ければ幸いです。

※最終話までの視聴を前提に書いています。ネタバレ必至です。

 

作品の公開順に追っています。

ここでは、第4話Aパートの前半(三島入り口)について。

過去の記事こちら

【ケムリクサ考察】まとめページ
アニメ『ケムリクサ』の考察をしていきます。 物語をつぶさに観察して、世界やキャラの深みを掘り下げていくことに特化しています。 皆様の参考となれば幸いです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

第4話 Aパート 前半

※以降のセリフの引用(❝ ❞内)は、全て

『ケムリクサ』第4話(©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト) を出典としている。

壁を越えて三島へ

サクッともう一壁」の宣言通り、冒頭で早速を越え、三島へ入った。

二島に入るときに比べて、特に感傷的にもならず、淡々と通り過ぎる

わかば「風景が、ちょっと変わりましたね。」

りなさっき壁越えたからナ。もう三島だナ。」

【出典】『ケムリクサ』第4話 ©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

三島のは、「穴の開いていた」であったのだろう。

ただの通過点としての過去しかないようだ。

また穴を開けたのはヌシで、りょうはそいつにやられてしまったと、過去に考察している。

 

それにしても、二島のもそうだが、

この大きさ(幅と高さ)で、あかぎりの侵攻を阻止できるのだろうか?

これらのは、これまで抽出した島・建造物と、

なによりりりあかぎり(赤い木)から守るために、

ワカバが建てたもののはずである。

その割に、を囲っていた巨大なに比べると、非常に脆弱に見える

【出典】『ケムリクサ』第7話 ©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

一部が崩れたは、時間と共に全体が朽ちていくのだろうか。

それとも、場所が遠いほど、強固な壁を作ることができなかったのか。

 

 

遠景に空橋とヌシ?

三島に入ったところで遠くに見える大きな橋は、これから向かう空橋のようだ。

赤い光が、まるで高層ビルの航空障害灯のように見えるため、

我々視聴者は見逃してしまいがちだが、

この世界に「電力」があるはずがない

【出典】『ケムリクサ』第4話 ©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

この世界において、「」は「ケムリクサ」のもの。

そして「」、ということは…。

このは、空橋で遭遇したヌシによるものだろう。

【出典】『ケムリクサ』第4話 ©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

視力に長けたりんは、進行方向の安全しか確認していなかったし、

わかばも、ケムリクサに夢中だったため、誰も気づくことはなかった

 

ところで、

進行方向の左側に空橋が見えるということは、

位置関係を考えると、かなり南東ぎみに進んでいるようだ。

【出典】『ケムリクサ』第4話 ©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

二島との境界は、三島の南側にあるはずなので、

入って早々、大きく右カーブしているということか。

それだけ道は荒廃して入り組んでいる、ということだろうか。

 

 

場所の味

りなじ「パク…パク… こうやってると、その場所の味がするんだナ。」

りなっちホントかナ~?」

りなじ「うわ! ホントに味がするナ! 凄いな!」

(りな判定には、考察材料が少なすぎるため、割り振りは適当です)

 

電車の窓から顔を出して、空気を食べ、「場所の味」を感じるりな

1話でもりなこが、「があるような味」を感じ取っていたり、

その後、「舌先であかむしの接近を察知」したような描写があった。

【ケムリクサ考察】第1話 Aパート前半
アニメ『ケムリクサ』の考察をしていきます。 物語をつぶさに観察して、世界やキャラの深みを掘り下げていくことに特化しています。 皆様の参考となれば幸いです。ネタバレ必至です。 ここでは、第1話Aパート前半について。

 

別のりな疑っているあたり、そうした感覚は、りな全員に共有されてはいなかった

あのときりなこが初めて発見したが、それを伝える間もなく、命を落としたのだろう。

 

 

ところで、電車や車の窓から顔を出すのは大変危険なので、

皆さんは、りなの真似をしないように

 

 

四島の先を全然知らない、りな

りなじ四島の先は、りなほとんど知らないナ。」

りなっち「楽しみだナ~。」

りなよ「目指せ! 湖だナ!」

りつりなちゃん、実は一緒に、五島行ったことあるのにゃ。」

りなじ一人だったときだからナ~。」

りなっち「覚えてないのナ。」

りなよ「実質、初めてだナ!」

「四島より先を知らない五島に行ったときはまだ一人だった

これらの発言から、過去の探索は、

三島(0.7話) → 四島 → 五島 → 四島(0.8話) → 六島

という順番で訪れたことがわかる。

0.8話で、りなは増えた。

 

五島のことは、全く覚えていない

」の場所を五島と勘違いして指さしている

【出典】『ケムリクサ』第4話 ©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

いや待て!

を目指して、六島に向かったところは記憶あるよな!?

あれが五島に向かってると思ってるなら、

りなちゃん方向音痴…?

 

 

「食べる」以外は、極端に興味が薄い、りな

りな食べられないのにナ~。」「アホだナ~。」「ケムリクサアホだナ!」

ケムリクサに夢中なわかばに対し、その良さが全くわからない様子のりな

わかば熱弁しているのに、

さっぱりわかってない、この顔!

【出典】『ケムリクサ』第4話 ©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

りなにとって、対象物が「おいしい」か「おいしくないか」が重要であり、

食べられもしない」ケムリクサには、毛ほどの興味もない

ウスイロわかばが食べていたせいか、

隙あらば、自分も食べようとしているようだが。

 

りんりつも同じく、ケムリクサそのものに極端に興味がない

というのは、もう少し後にわかる

 

 

りなの能力

自分の能力を披露して、わかばを驚かせるりな

主に、「モモちゃん」と

ボール」(ファンの間での呼称は主に、「りなちゃんボール」、「りな玉」など)

について、新たな情報がわかる。

 

モモちゃん

モモイロのケムリクサ」、通称「モモちゃん」は、りなが持つ1枚しかないようだ。

りな内を瞬間移動させることができる。(食べなおす必要がある?)

【出典】『ケムリクサ』第4話 ©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

 

まだまだ増やせる」「りなちゃんだらけになる

という発言から、

新しいものを食べて、モモちゃんにエネルギーを貯められれば、

7人以上にもできるようだ。

未だ実例がないので、りながそう思っているだけかもしれないが。

 

りなのボール

りなのスカートの裾についているボンボンは、

取り外すとが生え、操作することができるようだ。

【出典】『ケムリクサ』第4話 ©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

弾むから、バレーボールのような感触

ボールは、いずれかのりな食べれば、元の位置に戻る

 

ボールの力を使うとき、ケムリクサの発動音と共に、ボンボン部分がピンク色に光っている

【出典】『ケムリクサ』第4話 ©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

このことから、この能力には、本体の葉を使用する必要があると思われる。

みどりの葉のエネルギーで代用できない、ということだ。

 

食べたり出したりする能力は、みどりの葉を使うことができ、

そのときは、ボンボン部分は緑色に発光している。(第1話)

【出典】『ケムリクサ』第1話 ©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

 

 

不機嫌な、りな

これまで、わかばの知らないことを色々教えてあげることで、

お姉さん」ができていたりなだが、

わかばの興味が、自分の知らないケムリクサに大きく傾いてしまった

 

自分の能力を見せてわかばの興味を引いたのに、

結局はその興味も、ケムリクサ(モモちゃん)にいってしまう

それがおもしろくないのか、不機嫌になる

【出典】『ケムリクサ』第4話 ©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

「ケムリクサの事はいいから!」とでも言いたげである(笑)。

特に不機嫌そうなのは、賢いところを褒めてもらいたいりなじだろう。

 

 

怒られる…?

りつ「ふふっ。」

りん静かに!

りな「わ~怒られるナ~。」「隠れろ隠れろ~。」

1話でりなたちは、りつに怒られることに怯えていた」考察してから、

このときも、りつに怒られることにビビっているように見えてしまう。

 

怒られた」ではなく、「怒られる」と言っているということは、

りんの発言は、ただの「注意」「警告」であると認識しているのだろう。

 

なんの警告って、そりゃあ、

りつ姉お怒りでしょう。

【出典】『ケムリクサ』第4話 ©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

 

やはり、りつが怒ると一番怖いのは、

旧ケムリクサから受け継がれているのか…?

 

このときのりつは、にぎやかな音を楽しんでいる様子なので、

大丈夫そうだが。

 

 

次回、第4話Aパート中盤!

「前半後半」の二編で進めたいと思いつつも、

やはり多くなってしまった。

また「中盤」を挟みます。

 

次回!

小型のあかむしに遭遇!

【ケムリクサ考察】第4話 Aパート 中盤
アニメ『ケムリクサ』の考察をしていきます。 物語をつぶさに観察して、世界やキャラの深みを掘り下げていくことに特化しています。 皆様の参考となれば幸いです。ネタバレ必至です。 ここでは、第4話Aパート中盤について。

 

ここからも引き続き、お付き合いいただけると、幸いである。

もしよければ、右のプロフィールや、記事下のフォローボタンを押してもらえると、タスカル

筆者のやる気が上がり、更新頻度が早くなります

【ケムリクサ考察】まとめページ
アニメ『ケムリクサ』の考察をしていきます。 物語をつぶさに観察して、世界やキャラの深みを掘り下げていくことに特化しています。 皆様の参考となれば幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント