はねバド! アニメだけじゃなく原作を読んで欲しい理由

漫画

『はねバド!』、アニメから入って原作を読んだ、にわかでございます。

しかしあえて言いたい。

アニメが終わったからこそ、原作を読んで欲しいと。

BD(1巻)初週売上が500枚以下でも、原作を読んで欲しいと。

 

はねバド!』は、とにかくアツい

アツすぎる。

 

アニメ13話分の内容は、コミックスにして7巻までに相当する。

まずは、7巻まで読んで欲しい

なぜか。

はねバド!』という漫画の方向性が確立したのが、7巻だからである。

もちろんこれは、私個人の主観ですが。

まあでも…読めばわかります。

 

この記事は、『はねバド!』をアニメで知って、原作にもちょっと興味が湧いた人向けです。

アニメとの相違点や、原作の良い点をまとめました。

 

仲間同士のギスギス… 無いです。

アニメの印象でかなり多かった意見が、「ギスギスしてる」。

 

特に主人公の羽咲が、思いやり配慮に欠けているシーンが目立ちました。

仲間を煽ったり貶めたり、「弱いやつは不要」というような言動。

 

主人公であるはずが、感情移入どころか、

「完膚なきまでに叩きのめされて負けて欲しい存在」 に仕上がっていたんじゃないでしょうか。

母親も同様ですね。

 

さて、原作の羽咲も、結構ゲスです。

【出典】はねバド!(第8巻)/濱田浩輔

↑敵を疲れ果てさせようと企む羽咲綾乃

 

しかし、決してクズではないです。

仲間を大切に想い、共にバドミントンを高め合うことに喜びを覚えていきます。

母もまた、娘に仲間ができることを願い、できたことを素直に喜びます

 

少なくとも、仲間同士で、貶めあい罵り合い、

というのはありません。

試合に入り込みすぎて、多少ピリピリはします。でもそれも試合の中だけ。

【出典】はねバド!(第7巻)/濱田浩輔

↑綾乃VSなぎさのクライマックス。お母さんもにっこり。

 

羽咲が「怖い」というときがあるだけで、決して「外道」ではないです。

よって、ギスギスはしません

 

「あのギスギスがいい!」、という方も、中にはいるようですが…

そういう方は、原作にギスギスは求めないほうが良いです。

 

アニメ以上に”動き”ある表現!?

これは、原作序盤から、というわけではありませんが…

“と”緩急“の表現が絶妙になっていきます。

バドミントン特有の、「ときに激しく」「ときに軽やか」が、伝わってくるような、絶妙さ。

私はバドミントン素人ですけどね…。

【出典】はねバド!(第13巻)/濱田浩輔

ハイスピードの攻防から、突如時間が停止したような一瞬。

 

素人の私でも、試合の展開に入り込めてしまうほど、おもしろい!

コマ割りも凄く素敵です。

 

1巻から既に こう ではなく、巻が進むほど良くなっているんです。

 

比較のため、1巻と13巻で、同様のシーンを抜粋してみました。

まずは、1巻より。

【出典】はねバド!(第1巻)/濱田浩輔

スマッシュが目の前に落とされて反応できない、というシーンです。

直前の時間停止感が、スマッシュの超スピードでぶち破られる。

これでも十分良い、と思いますが、

これが13巻では、こうなります。

【出典】はねバド!(第13巻)/濱田浩輔

強い…

 

圧倒的強さを見せつけられた絶望感が、格段にアップしています。

直前の時間停止感と、スマッシュの超スピードの対比、という流れは、1巻でも同様です。

大きく違うのは、スマッシュに反応できなかったことを、

1巻では言葉で表現したのに対し、

13巻では感覚的に表現されているところだと思います。

 

スマッシュを打たれたあとも、時間停止感が続いており、

読者も一瞬何が起きたかわからない!

次のページで、時間が進み全容が見え、「え…?」絶望に直結する。

 

この緩急による表現が、試合の中で繰り返されます。

実に実に良いです。

 

また、緩急の中では、

キャラクターの心理描写細やかに描かれているのです。

細やかな心理描写で キャラの魅力が見える!

バドミントンの緩急が見事に表現されているからか、

その隙間に挟まれる心理描写も、実によく浸透している。

内容がスムーズに入ってきて、キャラクターに感情移入しやすくなる。

【出典】はねバド!(第11巻)/濱田浩輔

攻防の隙間に表現される羽咲綾乃の心理描写

 

試合の攻防に関する感情だけではなく、

そのキャラの悩みや、その背景となる過去の話まで掘り下げて丁寧に描かれます

【出典】はねバド!(第9巻)/濱田浩輔

相手チームの心理描写までしっかり描かれており、敵なのに感情移入ができる。

それ故、敵味方問わず、魅力的なキャラクターがたくさんいます。

 

バドミントンの技術的な部分(テクニック)だけではなく、

心理的部分が組み合わさリ、勝敗を分けます

お互いの感情が、バドミントンを通じてぶつかり合う。

これこそ、『白帯の向こうに見える自分の心』という、この作品屈指の名言に繋がるのです。

 

そうした試合を通じて、羽咲たちが人間的に成長していくのが、本当にアツい

青春です。

【出典】はねバド!(第8巻)/濱田浩輔

キャラクターに感情移入してもどちらかは必ず負ける。この切なさよ。

 

 

テクニックに寄り過ぎないので、

羽咲が謎の異能力に目覚めたりはしません(笑)。

多分今後もないです。

とにかく7巻まで読んでみよう

1巻から3巻くらいまで、作品の方向性を模索していたのか、

なぜかギャグとかお色気とかが、多いです。

【出典】はねバド!(第2巻)/濱田浩輔

序盤はゆるくいこうとしていたのか…?

 

それでも読み進めてみてください。

いきなり化けます。

 

4巻くらいから、その兆しは見られ、

5巻~6巻で大きく変化し、

7巻では、完全に方向性が確立したように思います。

【出典】はねバド!(第7巻)/濱田浩輔 

極限の中で成長していく羽咲綾乃(と作者)

 

事実、第7巻の『綾乃VSなぎさ戦』終了後のおまけ漫画では、

作者の濱田浩輔氏は、次のように語っています。

試合だけを描いてた…

自分でも引くくらい何も覚えてない…!!

本当に何も描くことが無くなる程、この試合は全力で描けた

これはありがたい事です。

【出典】はねバド!(第7巻)/濱田浩輔

コメントも納得の、凄い内容でした。

 

特に、なぎさのスマッシュは、

アニメでは表現しきれていなかったかな、と感じたほど、

原作では大迫力です。

是非一度ご覧あれ。

コメント