漫画に見る合気道 第一回『EVIL HEART(イビルハート)』

アニメ・漫画
【出典】『EVIL HEART』3巻  ©武富智/集英社 

合気道ってなんでこんなに知名度低いんだ!

前置き

突然ですが、私は合気道の有段者です。

「合気会」という、合気道内で最大の組織が公認する道場に、所属しています。

 

そんな私が常々思う。

合気道の知名度って低い…。

 

特に、同じく日本の武道である、「柔道」や「剣道」、「空手道」などに比べると、

実際に見たこと無い、という人は圧倒的に多いでしょう。

 

そして誇大なイメージだけがひとり歩きする…。

 

「なんか相手の力使って投げるやつでしょ。」

おじいちゃんがちょっと手を動かしただけで、人をふっとばすやつ。」

手からなんか出すやつ?」

 

知らない人からすると、だいたいこんなイメージ

(手からなんか出すやつは、たぶんそれ「気功」です。「なんか」は失礼。)

Youtubeを見てわかった気になるのはヤメテ!

 

とにかく知名度は低い。

そして、知名度を上げるために有効的なものの一つが、

マスメディアである。

 

あるスポーツ漫画ジャンプで連載されれば、学校でその部活が流行るように!

あるスポーツ映画大ヒットすれば、そのスポーツ観戦者が増加するように!

 

漫画、アニメ、映画、ゲーム等々、そうした人気媒体で「合気道」を扱ってくれれば、

知名度が大きく向上するはずである。

 

残念ながら、合気道をメインテーマとした作品は少ないわけだが、

合気道経験者である私が、

漫画・アニメ・ゲームなどで合気道」あるいは「合気道に通ずるもの

を 感じた作品を紹介することで、

合気道についてちょっと知ってもらいたい

というのが、この記事の狙いだ。

題して、「○○に見る合気道」。

(シリーズ化します)

 

前置きが長くなったが、早速

漫画に見る合気道として、記念すべき最初の一作目を紹介しよう。

 

傑作「合気道」漫画 『EVIL HEART(イビルハート)』

友達も 自分がつくるんだよ

素敵だろ? 君の国の武道

【出典】『EVIL HEART』1巻  ©武富智/集英社 

 

第一回ということで、知る人ぞ知る、合気道漫画の傑作を紹介しよう。

作者:武富智による、EVIL HEART(イビルハート)』(全6巻)!

 

「合気道」をメインに扱った漫画なら、バトル漫画だと思うだろう。

だがこの漫画は違うのだ!

 

「なぜ?」 と思うかもしれないが、

そもそも「合気道」には、試合が無いのである。

※ それこそ「なぜ?」と思うかもしれないが、今は漫画の紹介に戻ろう。

 

「迫力のバトル」ではなく、「心の成長」を描く

この作品は、いわゆる「バトルシーン」や、「戦う力の向上」に重きを置いたわけではなく、

登場人物たちの心の成長をテーマに描かれている

 

主人公は、幼い頃から家庭内暴力を経験し、心に傷を追った少年「梅夫(ウメ)」

小柄なウメは、「暴力に屈しない強い力」を求めていた。

そんなとき、中学校の体育館で行われていた合気道教室を見かける

体格差をものともせず相手を投げ飛ばす姿を見て、惹かれていく

【出典】『EVIL HEART』1巻  ©武富智/集英社

 

やがて、合気道を教える「ダニエル先生」に出会い、意気込むウメ

ケンカが強くなりたい』、その一点張り。

 

そんなウメを、ダニエル先生は諭す

ケンカが強くなってどうするのか?

争うことを、合気道では教えられない。

けど“強くなること”は、合気道で教えられる。

そして、

『合気道で目指すのは、「争わないこと」』だと。

【出典】『EVIL HEART』1巻  ©武富智/集英社

【出典】『EVIL HEART』1巻  ©武富智/集英社

争わなければ、負けることはない。 相手と調和するために強くなる。

「試合がない」「勝敗をつけない」という合気道の原則も、

こうした理念が元になっているのです。

 

がむしゃらに、ケンカで強くなることを求めていたウメも、

合気道に触れて、少しずつ考えを改めようとしていく

 

 

しかし!

今日思いついて、明日から生まれ変わるなんて、

そう簡単にはいかず…

 

ウメを取り巻く環境は既に荒れ果てており、考えを改めようにも、様々な障害にぶつかる。

目をつけてくる不良グループ、遠ざけようとする理解のない大人たち何の脈絡も無い暴力

そして最大の要因である、家庭内暴力をふるう兄の存在

【出典】『EVIL HEART』1巻  ©武富智/集英社

その度に、「争わないなんてやっぱ無理挫折してしまう。

合気道なんかで変えられるわけがない」、と。

【出典】『EVIL HEART』2巻  ©武富智/集英社

 

それでも少しずつ

合気道と、それをきっかけに出会う人たちのおかげもあって、

少しずつだが、ウメ自身も周りの人たちも変化していく

【出典】『EVIL HEART』2巻  ©武富智/集英社

合気道を始めたばかりのウメだけではなく、

ウメに合気道を教えるダニエル先生や、

さらに他の周りの人間たち、それぞれが抱えていることにも、作中では向き合っていく

 

この作品は、そんな人々の心の成長を、実に緻密に描いている

だからこそ、

合気道を知らない人にも、オススメできる。

 

そして、合気道を知っている経験者なら、もっとオススメできてしまうのも、この作品の魅力だ。

「合気道あるある」に溢れた描写にニヤリ

「心の成長」がメインテーマ、といっても、合気道の描写がおざなりなわけでは、決して無い

合気道を経験したことある人ならわかる”あれやこれや”が、これまた丁寧に描かれている

 

なんと作者の武富智氏は、連載の企画と同時に、合気道に入門しており、

そこでの実体験を元にしているからこそ、

決して誇大にならずより正確に描けているのだろう。

 

の一つ一つも、教科書のように基本に忠実に表現されており、

初めて経験した人の”あるあるネタ”も詰まっている

【出典】『EVIL HEART』2巻  ©武富智/集英社

 

もちろんそれは「絵」だけにあらず

合気道をやってるとほぼ必ずぶつかる悩み問題も、しっかり取り上げてくれる

【出典】『EVIL HEART』2巻  ©武富智/集英社

相手が自分に合わせて動く」って、そんなんで強くなるわけない

と思うじゃん!?

うわあ~あるあるあるある…

 

少なくとも、合気道経験者の私には、共感できるシーンがありすぎる

合気道を始めた頃に読んだときは、ウメの気持ちに。

でも今は、ダニエル先生の言っていることがよくわかる。

 

「自分の積み重ねた経験によって、内容の深みが増すという作品は、

とってもいい作品だと思いますね。

チープな表現しかできず申し訳ないが…。

 

 

他にも、

達人の手を、初めて掴んだ瞬間の、

「えっ?」

ってなる感じも、出てきます。

【出典】『EVIL HEART』3巻  ©武富智/集英社

大げさだと思うじゃないですか。

でも実のところ、全然大げさじゃない自分もこう思ったから

「なんだこれ? 人間なのか?

根を張った木でも掴まされたのか自分は。」

と。

本当に強い人って、素人でも触れるだけでわかってしまうんですよ。

 

 

こうした「合気道あるある」が、溢れんばかり

しかし決して大げさではなく、

そこにはリアリティがある

だから合気道経験者には、もっとオススメできる

ということだ。

 

経験者にも、未経験者にも、オススメ!

【出典】『EVIL HEART』3巻  ©武富智/集英社

ここまで読んでくれた方は、合気道に興味がある方なのだろう。経験者、未経験者問わず。

 

あなたが経験者なら、

いいから読んでおけ!

と、アツくオススメする

昔は入手困難なときもあったが、今はKindleなどの電子書籍でも読める

注意してほしいのが、

巻数は、1、2、3巻と続き、その後が「氣編」、そしてさらに「完結編」の上、下と続いて、

全6巻になっていて、ちょっと特殊なところだ。

 

 

そしてあなたが未経験者なら

「ふーん、合気道って、こんな感じなんだ。」っと、

ちょっとわかってくれたとしたら、嬉しい。

そしてまだ興味が続いているなら、試し読みもあるので、読んでみるのも良いだろう。

EVIL HEART :電子書籍のソク読み・無料試し読み
「友達も敵も、自分がつくるんだよ」 両親不在、高校生の姉と二人暮らしの少年・正木梅夫は、キレやすい問題児。中学入学をきっかけに合気道と出会い、徐々に心を開き始める梅だったが…。梅12歳・心の成長&合気道ストーリー、出会いの章。

 

さらに興味がわいたなら、やっぱり実際の体験に勝るものはないので、

近くで合気道をやってる場所を探してみるといいと思う

意外と日本のそこらじゅうでやってます

老若男女だれでもできます

【出典】『EVIL HEART』3巻  ©武富智/集英社

(実際に、非力な女性も多いし、定年後に始める方だっています。)

基本に忠実な道場なら、ケガを絶対しないように優しく教えてくれるはず、です。

 

この記事が、そのきっかけの一つになることを願って、

『○○に見る合気道』第一回は、ここで終わる。

コメント