スポンサーリンク

【スーパーマリオメーカー2 100時間プレイ後レビュー】思いついたら止まらない、創作のサイクルへ

ゲーム
【出典】『スーパーマリオメーカー2』©2019 Nintendo

まず第一に、私は前作に当たる『スーパーマリオメーカー』をプレイしたことはない。

そのため、過去作との比較は無しで、

スーパーマリオメーカー2』(以下、マリメ2)を評価していく。

プレイ時間は、100時間以上

ストーリーモードのクリア他、全モードを一通りプレイしている。

タイトル

スーパーマリオメーカー2

開発任天堂
対応機種Nintendo Switch
発売日

2019.6.28

ジャンル作って、遊ぶ
プレイ人数オフライン:1~2人 オンライン:2~4人

 

『マリメ2』の内容は主に、

コースを作成する「つくる」と、作成したコースをプレイする「あそぶ」の二つ。

それぞれ分けて取り上げていく。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「つくる」

膨大な自由度が、創作意欲かきたてるサイクルを生む!

パーツを選んで配置する。

コース作りでやることは、主にこれだけであるが、

用意されているパーツは、100以上

地形となる、床、空中のブロック、土管にトゲに、リフトにツタ…等。

そこに配置されるとして、おなじみのクリボー、ノコノコ、テレサにドッスン、クッパ…等。

パワーアップアイテムの、スーパーキノコ、ファイアフラワー、木の葉に羽根…等。

ほぼ全てのパーツが、最初から用意されている

(「スーパーハンマー」と「スーパーボールフラワー」だけは隠しパーツ)

【出典】『スーパーマリオメーカー2』©2019 Nintendo

 

いきなり膨大な自由度!

 

とにかくまずは、使えるパーツを把握して、そのパーツで何ができるかを知る必要がある。

知識を身につけていく

別に難しく考える必要はない。

とにかく適当にパーツを置いてみて、自分で試してみることだ。

作る上での最低条件は、「スタートして、ゴールができる。」こと。

あとは全て作り手の自由

できることは多いが、操作に慣れれば、

サクサク手早く組み立てていくことができるようになる。

 

こっちにこれを置いてみる。 あっちにあれを置いてみる。

置いてみたら試しに動かしてみる。

ちょっと違ったから、動かした残像を見つつ手直ししてみる。

ついでにこれも置いてみる。

【出典】『スーパーマリオメーカー2』©2019 Nintendo

 

気がついたら、あっという間に時間が過ぎ去っている!

数時間が、平気で溶けていく!

それほどまでに、このゲームは没頭できる!

 

 

知らないものに触れる。

知ったらそれを使って一工夫する。

工夫を練磨し、完成度を上げていく。

試行錯誤から新たな発想が生み出されていく。

 

このサイクルが、

人の創作意欲を存分に掻き立てていく!

知育ゲームとしても、かなり優秀だろう。

【出典】『スーパーマリオメーカー2』©2019 Nintendo

自分だけが思いついた発想を、すぐに試せちゃう。

それが、『マリメ2』。

 

職人は一日にしてならず

ただし、断言しよう。

こうして初めて作ったコースは、ほぼ確実に駄作となる! いわゆる、「クソコース」だ。

コース作り初心者なのだから、当たり前だ。

公式のマリオシリーズのような、程よい難易度心地よいプレイ感があるコースを作るには、

繰り返しコースを作り、学んでいくしか無い

作り続けていれば、いつか必ずセンスに溢れたコースを作ることができるだろう。

 

創作意欲」があり、「試行錯誤」が好きな人。

マリメ2』で「つくる」なら、そんな人にオススメだ。

 

 

お手本とチュートリアルが充実していて、初心者でも安心

そんな膨大なパーツを使ってコースを作るなんて、難しそう

工夫した使い方なんて、自分にはできなさそう。

 

そう思って、プレイするのを踏みとどまっているのなら、

心配無用

 

『マリメ2』には、チュートリアルと、お手本が、充実している。

 

「ストーリーモード」には、お手本となるコースが100以上

そもそもマリオをそんなにプレイしたことがない。

どんなコースを作ればいいのかわからない。

 

そんな人はまず、「ストーリーモード」で、公式のお手本を体験してみよう。

基本に忠実なコースから、パーツの奇抜な使い方をしたコースまで、

なんと100以上のコースが用意されている。

【出典】『スーパーマリオメーカー2』©2019 Nintendo

プレイしてみて、「ここおもしろい!」と思ったところを真似て

自分でも作ってみるといいだろう。

【出典】『スーパーマリオメーカー2』©2019 Nintendo

 

チュートリアルムービーも、初級から上級まで充実

パーツの細かい使い方や、コース作り全体のポイントを知るために、

ヤマムラ道場」なるチュートリアルムービーも用意されている。

【出典】『スーパーマリオメーカー2』©2019 Nintendo

ハトのヤマムラと、初心者ニナ対話形式のチュートリアル

パーツの基本的な使い方から、良コースづくりのノウハウまで、

まさにプロのお話を聞かせてもらえる。

【出典】『スーパーマリオメーカー2』©2019 Nintendo

教わったことを、そのままコース作りに反映させていけば、

公式と見紛うような良コースが作れるようになるかも…?

 

また、世の中には、

コース作りのコツなどを解説した投稿動画なども多く存在するので、参考にしてみるといいだろう。

例として、私が大いに参考させてもらった動画を、以下に紹介しておこう。

初代マリオブラザーズを学べる内容を、詳しく解説してくれていて、とても面白い。

こうしたノウハウを知ることは、

良コース作りの近道となるだろう。

 

作ったコースは世界中の人に遊んでもらえる

苦労の末、完成させた自慢のコースは、「とうこう」することで、

世界中のプレイヤーに遊んでもらえる

良いコースであるほど、「いいね」やコメントがついて、

より多くの人に遊んでもらえる

【出典】『スーパーマリオメーカー2』©2019 Nintendo

自分のコースに反応が寄せられるのは、嬉しいものである。

【出典】『スーパーマリオメーカー2』©2019 Nintendo

承認欲求が満たされていく…!

「つくる」の最大目標は、ある意味そこかもしれない(笑)。

 

 

「あそぶ」

ネット上の動画でも有名なのは、こちらのほうだろう。

『マリメ2』では、投稿されたコースでのオンライン対戦・協力プレイが可能なのだ。

オンラインでマリオができる!

それだけで楽しい。

横スクロールアクションのオンライマルチプレイは、結構希少だ。

Ver.1.1.0より、フレンドとのオンラインマルチプレイも可能になっている。

 

理不尽だが白熱する? 「みんなでバトル」

最も早くゴールした者が勝利!

ルールはただそれだけの、なんでもありの無法地帯

ミスは大幅なロスとなるため、必然的に、壮絶な蹴落とし合いが繰り広げられる。

【出典】『スーパーマリオメーカー2』©2019 Nintendo

最もずる賢く、器用なものが勝つ世界だ。

これはこれで白熱するのだが、

「正直者がバカを見る」仕組みは、賛否両論である

 

正直者がバカを見る世界…

例えば…

コインを30枚取ってゴールというクリア条件のコースにおいて、

別に30枚コインを集めなくても勝てる

 

このクリア条件、正確には、

全体で30枚目のコインを取った一人にゴール条件が与えられる」

というものだ。

せっせとコインを集めても、必ずしもゴール条件が得られないのなら、

集める気がおきなくなる。

しかも、このクリア条件は、

手にした者を踏めば奪える

つまり、

1枚もコインを集めて無くても、

ゴール前でゴール条件を奪えば勝てる

【出典】『スーパーマリオメーカー2』©2019 Nintendo

理不尽すぎる。

 

言うなれば借り物競争で、指定したものを見つけてきてゴールしようとしたら、

借り物を探してもいないやつに、ゴール条件だけ奪われて1位になられたようなものだ。

…いや、理不尽すぎる。

 

プレイヤー毎に取得コイン枚数は設けるべきだし、

ゴール条件が一人にしか与えられないのもおかしいし、

しかも奪えるのは、さらにおかしい

 

こうした理不尽が、「みんなでバトル」ではありふれている

フレンド同士でワイワイやるなら盛り上がるが、

野良試合でこの理不尽さに直面すると、たまったものではない

まあ、「これほど厳しいルールだからこそ燃える、という人もいるし、

不屈の精神を持つ強者なら、トップランカー入りできるだろう。

(バトルでは、プレイヤーの勝敗で、レートとランクが上下する)

 

オンラインバトルの実装は、『2』が初めてとのことなので、

まだまだ作りが甘い部分があるのかもしれない。

ずる賢さ」を競うのではなく、

純粋なマリオの「テクニック」を競えるバトルとなるよう、

今後のアップデートで修正されていってほしいところだ。

 

 

和気あいあいと、「みんなでクリア」

一方、オンライン協力プレイは、

フレンドだろうがワールドワイドだろうが、

和気あいあいとプレイできるだろう。

レートやランクもないので、ひたすら平和。

 

他のプレイヤーを踏みつけて高くジャンプする、通称「踏み台ジャンプ」は、

協力プレイでは、お互いの息を合わせた協力アクションとなる。

【出典】『スーパーマリオメーカー2』©2019 Nintendo

 

しかし、コース作成側からすると、

踏み台ジャンプ等の協力アクションを、

一人でコース作成中に試すことはできないので、

「協力用コース」を作ろうとすると、少々難ありだ。

 

そもそも、一人用コースも、協力用コースも、バトル用コースも、

ほとんど分け隔てなくランダムで遊べてしまう仕様上、

なかなか全てに配慮したコースは作りづらいのだが…。

この辺もアップデートで対応してくれると、より良い。

 

 

オンラインプレイでの注意

アクションゲームのオンラインプレイとなると、

それなりの通信速度が必要になる

無線接続では、プレイ中に途切れが生じやすく、命取りとなりかねない。

有線接続にする等、できるだけ通信環境を整えて、

お互いが快適にプレイできる環境を作ることを心がけよう

ラグだらけでカクカクのマリオなんて、誰もプレイしたくないだろう。

 

 

もちろん、オフラインでも楽しめる

オフラインの一人プレイでも、『マリメ2』は十分楽しめる

 

世界ランキング上位のコースは、発想に驚かされるおもしろいコースばかりなので、

これをプレイできるだけでも、充実だ。

新しいコースは、次々に投稿されている。

【出典】『スーパーマリオメーカー2』©2019 Nintendo

 

また、人気コースだろうが不人気コースだろうが、

どんなコースでもたくさんプレイしたい、という人には、

どこまでマリオチャレンジ」に挑戦するといい。

【出典】『スーパーマリオメーカー2』©2019 Nintendo

これは、限られた残機数の中で、何コースまでクリアできるかを目指すモード。

一人でじっくりマリオをやりたい人には、うってつけ

ハイスコアは、世界ランキングにも登録される。

ちなみに、難易度[むずかしい]のクリア数トップは、10,000コース…! (2019年10月時点)

しかし、投稿されたコースは、発売から1.5ヶ月で、500万を突破してるとか…。

遊べるフィールドは、無限大である。

 

 

『マリオ』という良質の土台だからこそできた、傑作

さて、「あそぶ」に関して、既に色々要望問題点を挙げ連ねたわけだが、

つくる」に関しても、要望はある。

100以上のパーツがあれど、

歴代のマリオシリーズをプレイしていると、

あのパーツが欲しいあの敵キャラも欲しい

と、創作の欲求から、さらなる要望が湧き出てきてしまうものである。

 

しかしこれらも、

このゲームが本質的に面白いからこそ出てくる欲望

もちろん今後のアップデートや次回作への期待は大きくなるが、

現時点でも思いっきり遊べるボリュームがある

 

大人から子供まで、世界中の人々が遊んでいる「マリオ」だからこそ、

面白いコースがたくさん生み出されるし、

簡単なコースから超難関コースまで、需要は幅広く生まれる

 

遊び手側だったはずの自分が、遊ばせる側にもなることもできる、

自由で巨大な、皆で作るテーマパーク

マリオメーカー』というゲームは、まさにそんな特異さがある。

 

つくる」だけじゃなく、「あそぶ」。

あそぶ」だけじゃなく、「つくる」。

 

マリオシリーズファンでも、マリオを知らない人でも、

気になったのなら、

とにかく一度、『マリオメーカー』の世界に足を踏み入れてみると良い

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント