アニメ『からくりサーカス』 気づいたこだわりポイント 1~4話

アニメ

『からくりサーカス』がついにアニメ化!

 

発表当時、原作者の藤田和日郎氏は、

8000Pがアニメ(36話)に入るわけねーだろ!!」と咆哮しつつも、

できるだけベストに物語をつくっていきたいと思います。」と、意気込みを見せてくれた。

※「AnimeJapan 2018 トークイベント」にて。下記記事を参照。

  http://kai-you.net/article/52106

 

そんなアニメの、こだわり作り込みを、抜粋してみた。

まずはプロローグとも言える、4話(原作3巻)まで。

1話

コミック第1巻 『勝 第1幕』~『勝 第2幕』に相当

 

ゾナハ病に苦しむナルミの表情

冒頭で、早速ゾナハ病の発作に苦しむナルミ。

漫画でも印象的な「ゼヒ」声を表現する声優さんも素晴らしいわけですが、

見て欲しいのは、この表情の比較である。(下記)

【出典】[アニメ]からくりサーカス(第1話)/ツインエンジン

    からくりサーカス(第1巻)/藤田和日郎

の出し方! 鼻水の出し方!

目や眉の形や角度! 口の形! のつけ方!

 

どんだけ寄せるんだ、っていうくらい寄せてきてます。

 

発作が治まり安堵するナルミ

そしてその後、勝の笑顔で、発作が治まる様子も。

【出典】[アニメ]からくりサーカス(第1話)/ツインエンジン

    からくりサーカス(第1巻)/藤田和日郎

よだれの出し方まで、寄せてきてる(笑)

 

 

2話

コミック第1巻 『勝 第3幕』~『勝 第8幕』に相当 

 

狂気のナルミ、渾身の顔芸

コンビニの人を笑わせようと、狂気に走るナルミ

その渾身の顔芸も、完全再現

【出典】[アニメ]からくりサーカス(第2話)/ツインエンジン

    からくりサーカス(第1巻)/藤田和日郎

右のコマだと、耳にストローを指してるのがわかりませんが、前後のシーンから明確です。

 

ナルミのギャグ顔へのこだわりが、半端じゃない。

 

ここまでだと、原作を参考にしただけで、

こだわりというわけではないんじゃない?

と思うかもしれないが、では、次のシーンを見て欲しい。

 

ナルミ、一瞬の原作リアクション

コンビニで暴走したナルミを、しろがねが止めるシーン。

【出典】[アニメ]からくりサーカス(第2話)/ツインエンジン

    からくりサーカス(第1巻)/藤田和日郎

ほんの5/60フレームほど、時間にして0.08秒!

原作と同じ表情を描き込んで、ねじ込んできている!

 

目視も難しい一瞬! 入れるか!? 普通!

否…!

入れたかったのだろう。作画スタッフさんが。

 

スタッフさんたちの、深い原作リスペクトが、伺い知れる。

 

ちなみに、コンビニの外観も、原作通りである。

【出典】[アニメ]からくりサーカス(第2話)/ツインエンジン

    からくりサーカス(第1巻)/藤田和日郎

このエンブレムのコンセプトはいったい。

 

グリモルディの機構

マサルを鷲掴みにしたグリモルディ

【出典】[アニメ]からくりサーカス(第2話)/ツインエンジン

    からくりサーカス(第1巻)/藤田和日郎

原作では、足を収納してタイヤ(キャタピラ)に変形させる

作者のこだわりの描写があるわけですが、

アニメでも再現されております。

【出典】[アニメ]からくりサーカス(第2話)/ツインエンジン

    からくりサーカス(第1巻)/藤田和日郎

動いているところが見れるのは、改めていいものです。

 

3話

コミック第2巻 『勝 第9幕』~『勝 第17幕』に相当 

 

しろがねのジャージの文字

屋敷突入時、しろがねが着ているジャージの胸元の文字

APES

 

【出典】[アニメ]からくりサーカス(第3話)/ツインエンジン

    からくりサーカス(第2巻)/藤田和日郎

これ、私もアニメで確認して、初めて気がつきました。

原作だと、実に2コマしか確認できない、「APES」という文字。

確かに書いてありました。

 

だからなんだって? つまり製作者の愛だよ、

 

奈落に落ちるしろがねを助けるナルミ

ナルミのギャグ顔ばかり紹介してもアレなので… 

しろがねが、ナルミに心開くきっかけとなったシーン。

【出典】[アニメ]からくりサーカス(第3話)/ツインエンジン

    からくりサーカス(第2巻)/藤田和日郎

ゾナハ病の発作に苦しみながら、しろがねに激昂する複雑な表情

声優さん(小山力也)の演技も素晴らしい!

しろがねは全体的に、絵は整えられている印象。

 

ゼンジおじさんとかくれんぼ

楽しそうなゼンジおじさんの表情

マサルの「うわぁ…」みたいな表情も、そのまんまですね。

【出典】[アニメ]からくりサーカス(第3話)/ツインエンジン

    からくりサーカス(第2巻)/藤田和日郎

4巻以降のことを考えると、もはやゼンジおじさんは癒やしでしかない。

そのはずだった…。

 

 

おっさん顔の少年

おまけですが、3話冒頭では急におっさん顔の癖の強すぎる少年が現れたもので、

気になって原作と比較してみたのですが… 全然違いました(笑)。

【出典】[アニメ]からくりサーカス(第3話)/ツインエンジン

    からくりサーカス(第2巻)/藤田和日郎

この少年の表情に対する謎のこだわりは一体…。

 

 

4話

コミック第3巻 『勝 第18幕』~『勝 第26幕』に相当 

 

怒るマサルの眼光

ゼンジおじさんに怒り、顔を上げるマサルの眼光が、残像となっているのは、原作通りの演出。

ここ、とても好きです。

【出典】[アニメ]からくりサーカス(第4話)/ツインエンジン

    からくりサーカス(第3巻)/藤田和日郎

連載中の『双亡亭壊すべし』でもそうですが、

作者は何かに「怒る」ことに、こだわりを持っている気がします。

 

闇に恐怖するしろがねの表情

それまで気丈だったしろがね、暗闇に異常なほどの恐怖を見せる。

目が互い違い色を変える錯乱ぶりで、これぞ藤田和日郎節、ともいえる独特な表情の描き方。

再現されております!

【出典】[アニメ]からくりサーカス(第4話)/ツインエンジン

    からくりサーカス(第3巻)/藤田和日郎

 

恐怖で力が入っているような、歪な指の形まで、こだわっています。

 

ナルミの最期

屋敷の爆破から、マサルをかばるナルミ。

最期にマサルに見せる笑顔。

   

【出典】[アニメ]からくりサーカス(第4話)/ツインエンジン

    からくりサーカス(第3巻)/藤田和日郎

いい笑顔だ。

 

話が早足になるのはしょうがねえ!

こうした名シーンがアニメで見れるなら、十分ってもんだ。

 

続く5話から、サーカス編…

と思いきや、6話ですぐアメリカへ。

引き続き追っていきます。

 

コメント