スマブラSP 新DLC 6体目以降を考察しつつ予想

ゲーム
【出典】https://twitter.com/SmashBrosJP/status/1217820828500316160

2020.1.16に公開された動画にて、

「スマブラSP」のDLC追加ファイター第5弾、

ベレト/ベレス』(FE風花雪月)が発表されました。(2019年1月29日から参戦)

これで、ファイターパスVol.1が、そろい踏み。

【出典】https://twitter.com/SmashBrosJP/status/1217820817653817344

 

そして以前から発表されていた「さらなる挑戦者」(ファイターパスvol.2)は、

なんと6体のファイターが追加されることが判明しました!

【出典】https://twitter.com/SmashBrosJP/status/1217820828500316160

1体ではないとは思っていましたが、まさか6体とは…。

合計すると、DLC追加ファイターは、11体となります。

 

ここで改めて!

6体目以降のさらなるファイターとなるキャラを、

考察に基づいて予想します。

ここに書いてあることは、全て私個人の予想に過ぎません。

 一意見として、気楽にご覧頂ければと思います。

 

予想のポイント

他社からの参戦… とは限らない!

DLCは全て任天堂以外の他社からの参戦

というここまでの流れを、ベレトスが打ち破ってくれました

今後はもう、

自社他社問わず参戦可能性があるということです。

発表が進むにつれて、もう何が来てもおかしくない状況に…。

 

 

スピリッツ参戦済みでも、ありえる

6体目以降のファイターは、発売後の後付で考案したはずです。

つまり、発売時に既にスピリットとして参戦していたキャラクターが、

後になってファイターとして参戦する可能性も否定できなくなりました。

 

しかし一方で、「スピリッツ参戦キャラは、ファイターにならない」という予想は、

正しかったとも言えます。

『デモンエクスマキナ』、『ポケモン ソード・シールド』、『アストラルチェイン』

などの新作のスピリッツが次々と追加される中、

FE風花雪月』だけは、不自然にも追加されることがなかったのですから。

【出典】『大乱闘スマッシュブラザーズSpecial』

 

そういうわけで、

「スピリッツから参戦の可能性も出てきた」とは言っても、

ゼロでは無くなった程度で考えることにしました。

 

 

参加済みの他社からでも、新たな参戦がありえる

改めて第2弾を決定した、という事から、

「既に参加済みの他社でも、さらに新規参戦があり得る」と考えを改めました。

前回の予想と全く真逆の事を言っているわけですが、

6体も追加されるとなっては、被りを気にしてられません!

 

 

任天堂開発のゲームなら、最新の作品からもありえる

ベレト/ベレスの参戦で、特に衝撃だったのが、

「スマブラSP発売後の任天堂最新作からの参戦というところです。

 

桜井さんの話では、開発中のROMを実際にプレイして、

ファイターとしての適合不適合を決定していたそうです。

これは、他社キャラクターや、他社開発のゲームでは、とても出来ないことです。

過去に「参戦には間に合わなかった」と言及されていた『ゼノブレイド2(レックス)』は、

開発がモノリスソフトのため、同じ手法は取れなかったのでしょう。

【出典】https://www.youtube.com/watch?v=JBqz5vGmMAQ

 

ということで、これまでの予想を大きく覆し、

任天堂開発作品に限り、最新の作品からの参戦もありえる

ということにしました。

 

 

DLC 新ファイター予想

予想ポイントをまとめると、以下の通りです。

・現時点の『スマブラSP』内に影も形もない作品が有力

まだ参加していない他社、既に参加済みの他社問わず、参戦可能性あり

任天堂最新作からの参戦可能性あり

 

6体目の参戦ファイターが明らかになれば、また予想を大きく覆すことになるかもしれませんが、

現時点では幅広く考えていくことにします。

なにせ6体も追加されますからね…。

 

以上を踏まえた上で、新ファイター予想を述べていくが、

任天堂他社をそれぞれ分けて、候補者を挙げていきます。

まずは、他社枠から。

 

他社参戦枠予想

リュウ・ハヤブサ (忍者龍剣伝 / コーエーテクモゲームス)

コーエーテクモゲームスからのファイター参戦がない、ということで、

当初から推し続けております。

忍者龍剣伝」および「NINJA GAIDEN」シリーズから、

リュウ・ハヤブサです。

【出典】『DEAD OR ALIVE 6 公式サイト』https://www.gamecity.ne.jp/doa6/chara_hayabusa.html

海外でも人気があり、

同じくコエテク作品の『DEAD OR ALIVE』や、『無双OROCHI』にも、

ゲスト参戦するほどの愛されキャラ

 

コーエーテクモゲームスからは、

零~濡鴉ノ巫女(ぬれがらすのみこ)~』の不来方 夕莉(こずかた ゆうり)が、

アシストフィギュアとして参戦しています。

【出典】『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL Direct 2018.11.1』 https://youtu.be/JBqz5vGmMAQ

もし、コーエーテクモからの参戦がアシストフィギュアだけだとしたら、

なぜもっと有名なリュウ・ハヤブサにしなかったのか

これは彼を、ファイターとして参戦させるつもりだからなのではないか…!

 

ゲッコウガやシークなど、忍者っぽいキャラとは一風変わった、

ガチの忍者アクションを見せて欲しいものです。

懸念点といえば、『リュウ』という同名のファイターが既に参戦していること。

まあ、『ロイ』も二人いるし、そこは問題ないだろう。

 

シレン (風来のシレン / スパイク・チュンソフト)

20年以上愛され続ける、ローグライクゲームの金字塔『風来のシレン』シリーズから、

主人公のシレンです。

【出典】『不思議のダンジョン 風来のシレン』公式サイト https://www.spike-chunsoft.co.jp/shiren_sp/ 
©Spike Chunsoft Co., Ltd. All Rights Reserved.

不思議のダンジョン』と言えば、この人。 あとトルネコ

風来人として、刀を携えてはいますが、

それよりも、ツボや巻物などのダンジョンアイテムを使ったアクションが面白そうです。

モンスター变化、なんかもありますね。

ただ、最近はシリーズ人気が下火になりつつあるのが、気になるところ。

最新の作品は、スマホゲーへの移植だけである。

 

アルル・ナジャ (ぷよぷよ・魔導物語 / SEGA)

こちらは、30年近く愛され続ける、落ちものパズルゲームの代表作『ぷよぷよ』シリーズから、

看板キャラクターのアルル・ナジャです。

【出典】https://puyopuyoquest.sega-net.com/news/180918_56265.html

元は、コンパイルの作品だが、現在のキャラクター版権はセガにあるらしい。

セガからは、既にソニックが参戦しているが、

もう一人参戦させるとしたら、スマブラ向きのアルルではないだろうか。

ただし、海外での知名度はまだまだ高くはないようだ…。

しかし、30年近く続くシリーズ作品、という実績は、

『ソニック』シリーズにも並ぶほどのものなのです。 (どちらもデビュー作は、1991年)

「パズルゲームの代表」として、参戦の資格は十分にあるのではないでしょうか。

 

同じセガなら、海外人気が高い「クラッシュ・バンディクー」の参戦があり得るかもしれないが、

魔法使いのアルルの方が、ユニークなアクションが期待できそう、ということで推す。

 

ちなみに任天堂のパズルゲーム作品には『パネルでポン』があり、

アイテムやスピリットとして参加しています。

 

 

他社枠 次点

候補には挙げたものの、厳選からあぶれたキャラクターたち。

かすみ (DEAD OR ALIVE / コーエーテクモゲームス)

【出典】『DEAD OR ALIVE 6 公式サイト』https://www.gamecity.ne.jp/doa6/chara_kasumi.html

DEAD OR ALIVE』シリーズの主人公。

リュウ・ハヤブサと同じく忍者。くノ一。

バカンスゲームも有名ですが、元は対戦格闘ゲームなので、

参戦もなくはないでしょう。

 

 

ダンテ (デビルメイクライ / CAPCOM)

カプコンは、魅力的なキャラクター・シリーズ作品が、実に多い。

既に、リュウ・ケン(ストリートファイター)と、ロックマンが参戦していますが、

他にも、ハンター・アイルー(モンスターハンター)、アーサー(魔界村)、成歩堂龍一(逆転裁判)、

アマテラス(大神)など、スマブラに参戦しそうな有名作品は、多数あります。

バイオハザード』のスピリットも追加されました。

 

そんな中、あえてもう一人参戦させるとしたら、

スタイリッシュに戦うダンテが適任かと。

でもやっぱりカプコンから多すぎるから、「次点」にしました。

 

 

ゲラルト (ウイッチャー  / スパイク・チュンソフト)

【出典】ウィッチャー3 ワイルドハント 公式サイト
https://www.spike-chunsoft.co.jp/witcher3/

The Witcher(ウイッチャー)』シリーズの主人公、怪物退治のプロフェッショナル。

開発はポーランドのゲーム開発会社 CD Projekt RED ですが、

国内の販売元は、スパイク・チュンソフト。

『モンスターハンターワールド』ともコラボしていたし、意外と身軽な爺様。

 

 

トラヴィス・タッチダウン (ノーモアヒーローズ / マーベラス)

【出典】『Travis Strikes Again: No More Heroes』 公式サイト
https://tsanmh.com/jp/overview/

NO MORE HEROES』の主人公の殺し屋。

2020年にSwitch新作『ノーモアヒーローズ3』の発売を予定しているので、あり得るかも…?

開発は、『グラスホッパー・マニファクチュア』。

 

他社枠 さらに次点

フロム・ソフトウェアの『ダークソウル』より、太陽の騎士「ソラール」。

それから、2019年のゲームオブザイヤーを獲得した『SEKIRO』の主人公、「」。

フロムキャラは硬派すぎて、スマブラに向いていないか…?

 

スクエニ・プラチナゲームスの『ニーアオートマタ』から、「2B」。

スクエニの新規RPG『オクトパストラベラー』より、「オルベリク」または「プリムロゼ」。

どちらの作品も人気が高く、参戦も無くはないのではないか。

 

番外 Miiコスチューム参戦予想

ハンター(モンスターハンター / CAPCOM)

 →前作「for」のコスチュームが、そのうち流用されてくるのでは。

 

ロイド(テイルズオブシンフォニア / バンダイナムコゲームス)

 →同上

 

成歩堂龍一(逆転裁判 / CAPCOM)

 →ファイターとしては実現しにくいが、コスチュームなら適役

 

スティーブ(マインクラフト / Microsoft)

 →マイクロソフトからバンカズが参戦しましたが、コスチュームならまだいけるかも

 

トレーサー (オーバーウォッチ / ブリザード・エンターテイメント)

 →2019年10月頃に、「スマブラSPに参戦させるなら、どのキャラクターを使ってくれてもいい」とコメントをしています。つまり「この時点でオファーは無かった」ということになります。

【参考】https://jp.ign.com/overwatch/38941/news/sp

 

 

任天堂参戦枠 予想

レックス (ゼノブレイド2)

桜井さんの「開発が間に合わなかった」という発言に対し、

「新たにファイターを追加」という事象が、噛み合ってしまったことにより、

参戦を期待する声が一層強くなっています。

ゼノブレイド2』の主人公、レックスです。

もちろん、パートナーとして「ホムラ」、「ヒカリ」同時参戦となるでしょう。

【出典】『ゼノブレイド2』©Nintendo/MONOLITHSOFT

 

私自身、参戦は望むところですが、

既にMiiコスチュームスピリッツBGMも、多数揃えてもらっているのが、

「逆にもうこれ以上は無いのではないか」という不安材料にもなっています。

 

同じくモノリスソフト開発なら、

看板キャラクターである「KOS-MOS(コスモス)」も、十分あり得るでしょう。

 

 

リングフィットトレーナー (リングフィット アドベンチャー)

WiiFitトレーナー枠。

【出典】『リングフィット アドベンチャー』公式サイトhttps://www.nintendo.co.jp/ring/adv/index.html

正確には、『リングフィットアドベンチャー』の主人公。

発売後、品薄状態が続くほどのセールスを叩き出しており、知名度・話題性も急上昇である。

リングを使う独特のアクションは、他にはないおもしろさを生み出してくれるでしょう。

参戦したら絶対おもしろいヤツ。

 

 

ブレスオブザワイルド続編から

【出典】https://www.youtube.com/watch?v=fmzt-e9SjBw

いわゆる「宣伝枠」として、また任天堂最新作からの参戦があるとすれば、

世界のユーザーが最も注目していると言っても過言ではない『ブレスオブザワイルド続編

から来るのではないでしょうか。

 

とはいえ今のところ、どんなキャラクターが登場するかも詳しくわかっていないので、

誰か」としか予想ができません。

そもそも宣伝しなくても売れすぎるくらいに売れそう。

 

 

次点

候補には挙げたものの、厳選からあぶれたキャラクターたち。

タコボーイ、タコガール (スプラトゥーン2)

【出典】『大乱闘スマッシュブラザーズSpecial』

スピリットとして既に参戦済みではあるが、

スプラトゥーン』シリーズも、任天堂のイチオシということで。

ダッシュファイターではなく、新規ファイターとして、

2で新登場したブキやスペシャルウエポンで、全く新しい技を構成して欲しい。

 

エースバーン (ポケットモンスター ソード・シールド)

【出典】『ポケットモンスター ソード・シールド』公式サイト

ポケットモンスター』も、任天堂の看板作品ですので、

最新作からの参戦は大いに有り得る話です。

中でも御三家で特に人気の高い、ほのおタイプの「エースバーン」は、

炎のサッカーボールを使って攻撃する」という、独特なアクションができそうです。

 

ゲッコウガやミュウツーと被りそうな「インテレオン」はともかく、

くさタイプの「ゴリランダー」が選ばれる可能性もありえます。ドンキーと被る

もしくは、全く別のポケモンか…?

 

 

ポーキー (MOTHER)

ヒーローVSヴィラン」推しで参戦した、リドリーキングクルールに加えて、

ネスの宿敵ポーキーの参戦も予想していましたが…、

マイナーなキャラクターなので、DLCとして参戦するには、役者不足感が否めません。

【出典】スマブラ拳!! https://www.smashbros.com/wii/jp/gamemode/modea/modea15.html

一応、前々作の『X』では、ボスキャラとして登場していた実績もあるので、有力ではありますが。

せめて、MOTHERシリーズをSwitchに移植して欲しいものです。

 

 

まとめ

まとめると、今回の予想は、以下の6キャラ。(青字が他社、赤字が任天堂)

リュウ・ハヤブサ (忍者龍剣伝 / コーエーテクモゲームス) 

シレン (風来のシレン / スパイク・チュンソフト)

アルル (ぷよぷよ / SEGA)

レックス (ゼノブレイド2)

リングフィットトレーナー (リングフィット アドベンチャー)

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド続編から誰か

 

参戦ファイターが明かされるほどに、

残りの参戦ファイターが予想しづらくなっていくのは、なぜなのか…。

我々はまんまと桜井さんの手のひらで踊らされているわけですが、

こうして色々と予想しながらワクワクと待つのも、なんとも言えず楽しいものです。

皆さん自由に予想をして、楽しんでしまいましょう。

 
よろしければ、こちらもどうぞ
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. ゆう星 より:

    もしポーキー参戦の場合、マザーシリーズがリメイクされて、DELTARUNEの逆パロディをやってくれると嬉しいんですけどねぇ。
    まあ、そこら辺は大変かもしれませんが。そもそも僕は当時の人じゃないですし。

    • ugug より:

      MOTHER123の移植でもいいので、何かしらシリーズの続報が欲しいところです。

  2. 無名 より:

    こんにちは。初コメント失礼します。
    確かにamiibo登場だし、ダークソウルと言えば!なソラールについてはですが…

    ソラールはゲーム中での機動力や戦闘能力的にもっさりしすぎている上、大して強くない…というイメージが付いているため、仮にもしソウルから出すとしてもアルトリウス辺りがスマブラの速さや強さについて来られるんじゃないでしょうかね…

    機種違いにはなるのですが、アルトリウスはps3のダークソウル完全版のパッケージにも使われましたし、ダークソウル1の裏主人公とも言える待遇ですしまだそちらの方がありえるかと。

    まぁ作品自体は有名でもキャラクターそのものはパッとしないゲームですし、本当に無いとは思うんですが…来たら嬉しい今日このごろ。

    • ugug より:

      こんにちは。コメントはお気軽にどうぞ。

      なるほど、ソラールが戦闘向きじゃないので、アルトリウスと。
      仰るとおり、どちらにしてもスマブラキャラクターとしては地味、と言わざるを得ないんですよね。
      そういうわけで、候補としてはかなり可能性の低いところで予想に挙げています。
      作品のファンは多いので、参戦したら喜びの声は多くなりそうです。

  3. スマブラ大好き男 より:

    スマブラforでは、リュウが参戦するに伴って、平八のMiiコスがありました。
    しかし、スマブラSPでは、テリー・ボガードが参戦するに伴って、平八のMiiコスがありませんでした。
    もしかすると、平八は、NAMCOを代表して、ファイターとして参戦するのではないかと思ってます。

    • ugug より:

      『鉄拳』の三島平八は、参戦候補としてよく名前が挙がりますね。
      参戦が6人も増えたので、ついに参戦も来るかもしれません。

  4. 匿名 より:

    ポケモン枠からは
    ジュカイン
    ジュナイパー
    エンペルト
    ギルガルド
    ガブリアス
    バシャーモ
    のどれかが来てほしいですね
    全員ポッ拳に参戦してるので可能性はあると思います。格闘ゲームだし。
    あと、ポッ拳には出ていませんが
    ルチャブルも好きなので参戦してほしいです。

    • ugug より:

      現在のポケモン勢は、
      第一世代から、ピカチュウ・プリン・ミュウツー・ポケトレ。
      第二世代から、ピチュー。
      第四世代から、ルカリオ。
      第六世代から、ゲッコウガ。
      第七世代から、ガオガエン。

      人気の第一世代に偏りながら、第三、五世代がファイターとして登場していないのは、
      気になるところです。