スマブラSP 初心者が上達するためのテクニック 【シールドを使うタイミング】

ゲーム

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』(以下、スマブラSP)の上達に向けた、

基本かつ重要なテクニックの数々をお伝えしていく。

スマブラSP 初心者が上達するためのテクニック【まとめページ】
『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』(以下、スマブラSP)の上達に向けた、基本かつ重要なテクニックの数々をお伝えしていく。 これまで紹介してきたテクニックを、一覧にしてまとめました。 今後、新しい情報は追加していきます。

 

初心者の友人にきいたところ、「いつガードすればいいのかわからん」と悩んでいました。

その場回避や横回避以前に、初心者は「守り」の意識が低く、とにかく攻め急ぎがち

そのために、まずは一番簡単な守りであるシールドを使い慣れたほうがいいだろう。

 

そんなわけで、今回は改めて『シールドのタイミング』について、解説していく。

久々の初心者編。

大前提の知識

必要ない人は、上の目次から飛んで、先に進んでほしい。

シールドは、時間とダメージで消耗して縮小する

ダメージを無効にできるシールドだが、

シールドしていると、時間と共に消耗し、縮小していく

最大の持続時間は、約5秒

 

相手の攻撃をガードするたびにも消耗し、持続時間はさらに縮まる。

基本的には、威力の大きい攻撃ほど、シールドは大きく消耗される

だいたい、スマッシュ攻撃2回連続が限度

 

中には、シールドの消耗に特化した攻撃もあるので、注意。

(ドンキーコングの横B、マルスのNB、ガノンドロフ上強など)

 

シールドは解除していれば自動で回復

そして、シールドは解除していれば自動で回復していくが、

消耗に対して、回復にはおよそ倍の時間がかかる

むやみにシールドしていては、シールドを削っていく一方だということを覚えておこう。

 

シールドを消耗し尽くすと、シールドブレイク

シールドの耐久が限界を超えると、シールドブレイクする。バリンと割れる。

そして無防備なふらふら(気絶)状態となる。

行動不能の時間は長い。最大タメのスマッシュだって余裕で当てられるだろう。

気絶中は、レバガチャ(Lスティックぐるぐる)+ボタン連打で、早く復帰できる

また、自分のダメージ%が高いほど、より早く復帰できるので、諦めなければ助かるかもしれない。

 

シールドを出せるのは、「立ち」「歩き」「走り」の状態のみ

当然だが、攻撃しながらシールドはできないし、空中にいてもシールドはできない。

攻撃アクションを終えた後や、着地した「立ち」状態

それから地上を移動する「歩き」「走り(ダッシュ)」でのみ、シールドできる。

 

風圧や水流だって、無効にできる

当たると押し出されたり、吸い込まれる、風圧や水流も、シールドで防げる

これらにはダメージのないものがほとんどなので、シールドは消耗されない(時間でのみ消耗する)。

冷静に対処しよう。

 

「つかみ」は防げない

「つかみ」はシールドで防げない「つかみ系の必殺ワザ」なども同様

逆に言えば、それ以外の攻撃は、シールドで防げる

初歩の知識なので、必ず覚えておこう。

(高威力のアイテムなどは、シールドが適応されないものもある)

 

 

さらに詳しい知識は、過去記事でまとめてある。

スマブラSP 初心者が上達するためのテクニック 【シールド・ガード編】
シールドシフト、硬直、ブレイク、ジャスガ、そしてダッシュシールドに、ガードキャンセル。 シールドにも知識はあふれる。意識して使うために、身につけよ! 『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』(以下、スマブラSP)の上達に向けた、基本かつ重要なテクニックの数々をお伝えしていく。 今回は、守りの基礎の基礎、『シールド』について。

 

 

シールドを使うタイミングとは

それでは本題に入ろう。

シールドを使うタイミング、上手な使い方。

そのほとんどは、これ↓

 

相手につかまれない間合い・タイミングで、攻撃を防ぐ

 

これを念頭に置いて、具体的に、いろんなケースを紹介していこう。

簡単なものから順に説明していく。

飛び道具を防ぐ (難度 ★☆☆)

遠距離から、相手が銃などの飛び道具を撃ってきた。

連続かつ永続的に撃てる超火力の飛び道具ワザなど無い。

離れていれば、つかまれる心配もないので、しっかりガードしよう。

走り→シールドを繰り返せば、距離をつめることができる。

 

足場の下からの攻撃を防ぐ (難度★☆☆)

立ち状態で、自分の位置より下にいる相手に当たる攻撃は、ほとんど無い

全く持っていないファイターのほうが多い。

そのため、自分のいる足場の下に相手が潜り込んだ場合は、シールドしておくのが無難だ。

下にいる相手につかまれはしないが、上スマッシュなどは届くことが多い。

ガードしたら、一旦離れ、相手と同じ高さに降りるのが良いだろう。

 

リーチのある近接攻撃を防ぐ (難度 ★★☆)

相手の攻撃が届くが、しかしただちにつかまれはしない間合い

この状況で自分が後手に回っているなら、シールドして、相手の攻撃に備えるのが有効だ。

攻撃をしっかりガードしたら、後方回避や、ジャンプなどで、一旦距離を取るとよい。

どちらも、シールドボタン押しっぱなしでも可能なアクションだ。

 

ガケのぼり攻撃を防ぐ (難度★★☆)

相手がガケつかまりをしている状態も、ただちにつかまれはしないと言える。

特に相手がガケのぼり攻撃をしてくれれば、それをしっかりガードし、

余裕で反撃することが可能だ。

不用意にガケに近づくのではなく、攻撃を誘って守る、ということを意識してみよう。

 

ダッシュ攻撃を防ぐ (難度 ★★☆)

相手がダッシュで突っ込んできた場合、そのまま近接攻撃してくることが多いだろう。

最もわかりやすいのが、ダッシュ攻撃ギリギリ引きつけてシールドしよう。

発生は早いが、後スキが大きい攻撃が多いため、近づかれたとしても、

相手よりも先に「つかみ」が可能だ。

「つかみ」は、シールドボタン押しっぱなしで、攻撃ボタンを押せばよい。

 

空中からの攻撃を防ぐ (難度 ★★★)

ダッシュ攻撃を防ぐ場合と同様に、相手が空中から迫ってきた場合は、

空中攻撃してくることが多い。

これもシールドするのが有効。

空中攻撃は、ガードしたときの硬直が少ないので、優位になりやすい。

素早い判断が必要になるので、初心者には少し難度は高い。

 

ガード後は、相手が前に着地したらつかむのもよし、

後ろに着地したら距離を取るのもよし。

ただし、空中でもつかみができる、「つかみ系必殺ワザ」を持っている相手には注意

(クッパ横B、ヨッシーB、ファルコン上B、ガノンドロフ横Bなど)

 

 

シールドは選択肢の一つにすぎない

シールドがあらゆる攻撃を防ぐとて、相手に「シールドすることを先読みされる」と、

やはり不利に陥る。

 

例えば、相手のダッシュ攻撃を予想してシールドしたとしても、

相手はさらにそれを読み、「ダッシュつかみ」してくるかもしれない。

 

上で紹介したいくつかの使用例では、確かにシールドするのは有効だが、

選択肢はそれだけではない

ということ。

シールド以外にも攻撃を受けない方法はあるし、こちらが攻めることだってできる。

 

「ダッシュつかみ」しようとしている相手になら、こちらから攻撃したほうが良い。

 

守りは大切だが、守っているだけでは決して勝てない。

 

 

「シールド」を実践して、感覚をつかむべし

シールドを使うタイミングを、まずは理解して頂けただろうか。

相手につかまれない間合い・タイミングで、攻撃を防ぐ。

 

頭で理解しても、すぐさま実践できるわけではないが、

知ることは実践するのに大いに役立つ

 

全てを一気にできなければ、

(筆者の独断だが)難度を設けたので、記事の上から順に、実践してみるとよいだろう

 

「ガードして反撃」、という基本を、感覚的に身につけるためには、

ひたすら実践を繰り返す他ない。

しかしそれを積み重ねていけば

ゆくゆくは「避けて反撃」する感覚も、「間合いを意識」する感覚も、

養われていくはずである。

 

まずは「シールド」

使いこなせるようにしていこう。

 

スマブラSP 初心者が上達するためのテクニック【まとめページ】
『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』(以下、スマブラSP)の上達に向けた、基本かつ重要なテクニックの数々をお伝えしていく。 これまで紹介してきたテクニックを、一覧にしてまとめました。 今後、新しい情報は追加していきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント