初めての海外一人旅でも、オーストラリア縦断くらいはできます

オーストラリアは、海外初心者でも非常に旅しやすいです。

私自身、初の海外一人旅をしたのが、オーストラリアでした。

 

初海外でオーストラリアを一人縦断した話

季節は(日本では春)、期間は約2週間

英語も基礎しか知らないような状態。

行きと帰りの飛行機だけ確保して、あとは行き当たりばったりです。

オーストラリア北端から、南のタスマニア島まで縦断し、無事に帰ってこれました

その時感じたことを、まとめます。

治安は悪くない

世界から見ると、日本は治安の良い国です。

なので、海外の国は、ほとんどが日本より治安は悪いだろう、と警戒して旅に挑みました。

暗くなったら絶対外に出てやらない! とすら思ってました。

 

初めに訪れた北端の ダーウィン という町にて、

宿のスタッフに、近くにレストランが無いか聞いてみたところ、

なんか結構遠いところを紹介された上、「歩いていけるよ」と言われてるじゃないですか!

危なくない? と質問したところ、「全然問題ないよ」と返される。

実際行ってみると…

全然大丈夫でした(笑)

 

もちろん、あまりにも遅い時間に出歩くのは危ないでしょうし、

人通りの少ない道に行くのも、やめておきましょう。

最低限の危機意識は持っておいて下さい。

 

それから、町によっては、夜中全然人が出歩いてないところもあります。

宿の人などに確認してから行動するのが良いでしょう。

優しい人が多い

初海外なので、地図を見ながら町中をフラフラ歩いてました。

旅行者丸出しですね。

そんな人を見ると、オーストラリア人は声をかけたくなるようです。

「ヘイ!日本人かい!?」

「どこに行きたいんだい?」

「地図を貸してごらん?」

何度か声をかけられました。日本だとまず無いですね。

なので、最初は警戒して遠慮してたんですが、

どうやらほんとに親切心で声をかけてくれてるようです。

拙い英語で道を尋ねても、丁寧に教えてくれました

 

次の町への交通手段や、エアーズロックなどの名所への行き方など、

全て現地で確保しなければいけなかったのですが、

宿のスタッフや、バス待合所のおっちゃん、誰にきいても本当に丁寧に教えてくれるのが印象的でした。

こっちは聞き取りづらい英語なのにねえ…。

 

アデレード という大陸南岸の町では、

ロッカーの荷物が取り出せなくなるトラブルに見舞われました。

完全に、自分の使い方が悪かっただけなんですが、管理人のおっちゃんに助けてもらい

さらに使い方も丁寧に教えてくれました。

 

というわけで、

困ったときには、優しいオーストラリア人が助けてれることでしょう。

しかし、あからさまに怪しい人などには気をつけましょうね。

難しい英語は必要ない

これは英語圏のどこの国でも言えることだと思いますが、

旅をする上で、そこまで難しい英語は必要ありません。

私が旅をする中で、一番使った言葉は、

Please tell me. (教えて下さい)

と、さらにそれに続いて、

I want to (I’d like to) ~ (私は~したい)

でした(笑)

 

まずは「教えて下さい」と尋ねることで、

相手は「アジアの旅行者が、何か困っているな。」 と、話を聞く態勢になってくれます

また、自分の気持ちを落ち着けることもできます。

 

ここで、

 「I can’t speak English well.」(私は英語がそんなに上手く話せません。) 

と、一つ挟んでもいいと思います。

相手は、さらに注意深く聞いてくれる態勢になってくれます。

さらに相手が話すときも、ゆっくりわかりやすく話してくれることが多いです。

 

それから、自分がどうしたいかを、簡単に話します

例えば、夜にレストランを探しているなら、

「I want to eat dinner.」(夕飯食べたい)

続いて、「Where?」(どこ?) とでも加えると、意図は伝わります。

地図を持っていれば、あとはそれで教えてもらえば良いです。

 

名所や道を尋ねるなら、

「I want to go to ○○」(○○に行きたい)

 

何か欲しいものがあるなら、

「I want to get ○○」(○○を手に入れたい)

 

とまあ、非常に簡単な中学英語です。

が、この程度の英語でも、余裕で意思疎通が可能でした

あとは写真を撮って欲しいときに、

「Could you please take my picture?」(写真撮って下さい)

くらいですかね。

 

最近では、音声翻訳が可能なアプリも増えてきていますし、さらに簡単になることでしょう。

重要なのは、

大して英語が話せなくても、一人旅はできる!

ということです。

ビビらなくてもいいです。

 

終わりに

簡単ですが、オーストラリア一人旅のススメ、でした。

他にももっと書けそうですが、また別途、とします。

 

治安も悪くないし現地の人も優しいし大して英語も必要ない、というのが、

私がオーストラリアの旅で受けた印象でした。

 

オーストラリアは、エアーズロックを始め、

その広大すぎる大陸に、大自然がこれでもかという程に、広がっております。

「いつか見てみたい!」ではなく、敷居はそれほど高くはないので、

思い立ったらすぐ行ってみてはどうでしょうか。

コメント